小室の歴史「小室という名称の由来」

更新日:平成28(2016)年2月21日(日曜日)

ページID:P003792

 小室は古い歴史を持つ土地で、今から9000年前の縄文時代早期の遺跡(小室上台遺跡)が見つかっています。

 また、小室という名称は約1000年前、今日の旧集落とともに誕生し使われ続けていると考えられます。

 古文書(1331年の中山法華経寺に残っていた書類)によると下総国臼井庄古牟呂村の記述がありますし、旧集落内の旧家の敷地から1278年(鎌倉時代)の板碑が出土しています。古牟呂はその後小室と書き表され今日にいたっています。

小室台遺跡の写真
小室台遺跡
小室上台遺跡より発掘された土偶
小室上台遺跡より発掘の土偶

この記事についてのお問い合わせ

小室公民館

〒270-1471千葉県船橋市小室町3308(小室連絡所・小室児童ホーム)

受付時間:午前9時から午後5時(開館は午後9時30分まで) 休業日:原則毎月最終月曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。