地域の歴史

更新日:平成23(2011)年2月12日(土曜日)

ページID:P010016

丸山公民館の地域は、馬込町と丸山です。その歴史は…。

江戸時代に船橋市を中心とした、鎌ヶ谷市、八千代市、習志野市、千葉市にまで及ぶ範囲に、徳川幕府が管理していた軍馬を調達するために造った野馬放牧場の一つ、小金下牧(こがねしものまき)がありました。広大な牧で野馬を捕まえることは難しいため、野馬を追い込んで捕まえる場所=「込め」を作りました。これが「馬込」の語源となりました。

「丸山」の由来は、その台地を付近の馬込沢から眺めると丸い山の様に見えたので、そこから名付けられたと言われています。

延宝年間(1670年代)になると幕府の開墾政策により、藤原、上山、丸山等が新田村として誕生しました。丸山は、延宝二年(1674)に本行徳(市川市)の徳田興左衛門が下総国葛飾郡道野辺村の谷津田に囲まれた台地を開墾し、丸山新田が出来ました。一方の馬込は、木下街道すじ南東側帯状に連なる上山集落と共に上山新田を構成しました。

明治22年(1889)に藤原新田、上山新田、丸山新田が千葉県東葛飾郡法典村となり、昭和12年(1937)には船橋町、葛飾町、八栄村、法典村、塚田村が合併し、船橋市となりました。

この記事についてのお問い合わせ

丸山公民館

〒273-0048千葉県船橋市丸山5-19-6

受付時間:午前9時から午後5時(開館は午後9時30分まで) 休業日:原則毎月最終月曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。