使い捨てライターにご注意!

更新日:平成29(2017)年8月4日(金曜日)

ページID:P020445

全国でこんな事故が起きています 

【ケース1】
 両親が買い物中に、車内に残っていた姉妹がライターを点火させ、その火が付近に燃え移った。
 姉妹は車内から逃げ出し無事であったが、火を消そうとした母親が火傷を負い、車が全焼した。

【ケース2】
 車内に落とした電子ライターがシートレールにはまり込み、それに気が付かず運転席を後ろに下げた際、電子ライターのスイッチが押され、座席の一部を焼損した。

【ケース3】
 炎天下の中、青空駐車していた自動車のダッシュボードの上に置いていた使い捨てライターが車内温度の上昇により破裂し、液化ガスが噴出。
 そこに、ライターが破裂した際に発火石と発火ヤスリが接触して火花が飛び、液化石油ガスに引火し車両1台が全焼した。

子供のライターによる火遊びにもご注意を! 

 子供の火遊びによる火災の実態を調査したところ、ライターが原因であるものが半数以上にのぼり、5歳未満において死傷者発生率が高いことがわかりました。
 また、船橋市内でもライターを使用した火遊び等による火災が毎年5件前後発生しています。
 ライターが火災の原因となった事例では、使い捨て式が約9割と大半を占めていますので、幼い子供のいるご家庭では以下のことに注意して下さい。

《1》 幼児の前でライターを使わない。
《2》 子供の手の届くところにライターを置かない。
《3》 子供にライターを触らせない。
《4》 子供がライターで火遊びをしているのを見かけたら、すぐに注意してやめさせる。
《5》 理解できる年齢になったら、子供に火の怖さを教える。

このページについてのご意見・お問い合わせ

消防局予防課

〒273-0011千葉県船橋市湊町2-6-10

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日