社告・リコールに至った事例!

更新日:平成30(2018)年6月29日(金曜日)

ページID:P028331

火災調査結果から社告・リコール等に至った事例!

船橋市内で発生した火災の調査結果から社告・リコール等に至った事例をご紹介します。
該当する社告品等をご家庭でご使用されていないか早急にご確認ください。
社告品から発生する火災を未然に防ぎましょう。

社告・リコール等一覧

社告・リコール製品一覧
件数 社告日 製品名・型式等 メーカー名等
1 平成25年12月2日 37型ハイビジョン対応液晶テレビ
TL37WRJ-B-FDT及びTL37WRJ-W-FDT
ユニデン株式会社
www.uniden.co.jp/uniden_jp/importantnotice/problem/20131202001.html

火災調査事例1

火災発生状況

平成25年3月船橋市内の住宅で使用中の液晶テレビから突然異音が発生し、同テレビの背面側から煙が出たため、所有者の方は電源コードの差込プラグをコンセントから抜いたものの、心配になり消防へ通報されました。

火災調査結果

当消防局がメーカーの協力を得て火災調査を実施した結果、液晶テレビの基板に取り付けられているコンデンサが自己発熱量の増加により劣化し、内部でショートして出火に至ることが確認されました。

火災調査後の対応

当該液晶テレビの火災調査でメーカーから得られた情報によると本事例が全国で3件目であること。
そして同テレビは全国で約37,000台が製造・販売されており、類似火災の発生が危惧されることから、平成25年4月当消防局からメーカーに対して火災予防対策を図るよう要望しました。

メーカーの対応

平成25年12月メーカーから回答があり、火災予防対策として平成25年12月2日からメーカーのホームページ上において同テレビの無償点検・修理の注意喚起が図られることとなりました。        

関連するその他の記事

この記事についてのお問い合わせ

消防局予防課

〒273-0011千葉県船橋市湊町2-6-10

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。