パートナーシップ宣誓制度に係る都市間連携

更新日:令和4(2022)年4月13日(水曜日)

ページID:P102693

パートナーシップ宣誓制度に係る都市間連携

船橋市では、制度を利用している方が転入・転出する場合に生じる負担の軽減を図るため、以下の自治体と「パートナーシップ宣誓制度に係る都市間連携に関する協定」を締結し、その手続を簡素化します。

都市間連携の概要

制度利用者が転入・転出する場合、通常は転出元の自治体への宣誓証明書の返還等の手続を行い、改めて必要書類等を揃え、転出先の自治体で宣誓を行う必要があります。

都市間連携の開始により、今後、協定を締結している自治体に転居する場合は、転出先の自治体への手続のみ行い、転出元の自治体への手続は不要となります。加えて、転出先の自治体への独身であることを確認する書類(戸籍謄本等)の提出を省略することができるようになりました。

連携協定を締結した都市

千葉市、松戸市

協定締結日:令和4年4月11日(月曜日)
※開始日以降に船橋市、千葉市又は松戸市から同3市のいずれかに転入した場合に適用を受けることができます

千葉市の制度については、千葉市ホームページ、松戸市の制度については、松戸市ホームページをご覧ください。

船橋市に転入する場合の手続き

必要書類

申告に必要な書類は以下のとおりです。また、市長が必要と認める書類の提出を求めることがあります。

継続申告から宣誓証明書・証明カード受領まで

  1. 必ず事前に電話又はメールで連絡し、申告日時をご予約ください。
    (市民協働課 TEL:047-436-2107 E-mail:danjo@city.funabashi.lg.jp

【メール記載内容】
・件名「パートナーシップ継続申告事前連絡」
・宣誓者の名前
・連絡先(電話及びメール)
・宣誓希望日時(第2希望まで) 

【メールフォーム】
申告メールフォーム        

2.予約した日時に、必要書類を持参し、男女共同参画センター(フェイスビル5階)に、お越しください 。( 制度利用者のうち、どちらかお一人でも手続きは可能です。ただし、本人確認書類等はお二人分お持ちください。)

3.市で必要書類を確認後、申告書を受理。不備等がない場合、申告が完了します。なお、「パートナーシップ宣誓証明書」については継続申告した方全員に発行されます。

4.「パートナーシップ宣誓証明カード」の交付を希望する場合は、申請してください。 
パートナーシップ宣誓証明書等交付申請書(PDF形式 32キロバイト)

5.申告書提出の1週間後を目途に、ご自宅に郵送または男女共同参画センターで宣誓証明書・証明カードをお受け取りになれます。

留意事項

  •   継続申告の手続きの予約をいただきましたら、転出元の自治体に「船橋市が連携協定を締結している自治体から、転入があったこと」を船橋市より連絡します。
  • 継続申告の手続きが完了した後は、宣誓証明書・証明カードの再交付・返還等については、船橋市パートナーシップ宣誓の取り扱いに則ります。

このページについてのご意見・お問い合わせ

市民協働課 男女共同参画係

船橋市湊町2-10-25

受付時間:月~金 9時~17時 休業日:土、日、祝休日、年末年始