新着情報(令和5(2023)年8月)

夏休み中の学校の様子

令和5(2023)年8月8日

8月8日(火曜日)

 夏休みの学校は子供たちの声がなく寂しいのですが、一歩玄関を出ると、様々な種類の蝉の合唱が響き渡っていて、賑やかです。藤棚のつるには、セミの抜け殻がたくさんついていました。夏が来るまで数えきれないほど多くの蝉の幼虫が、学校の敷地内の土中で静かにじっと潜んでいたのかと思うと、とても不思議です。
 

 7月31日に、令和5年度の1000か所ミニ集会が本校視聴覚室を会場として行われました。今年のテーマは、「コミュニティ・スクールって何? コミュニティ・スクールと地域学校協働活動の一体的推進について」 です。千葉県教育庁教育振興部生涯学習課学校・家庭・地域連携室の方を講師にお招きして、「コミュニティ・スクールとは何か」「地域学校協働活動とは? 」などについて、先行事例を挙げながら説明していただきました。コミュニティ・スクールや地域学校協働活動には、地域と学校が連携し、同じ目的をもって地域の子供たちを育んでいくことで、地域の教育の質の向上を目指す、といったねらいがあります。本校は今年度から、コミュニティ・スクールを導入しました。スタートしたばかりでよりよい在り方を模索中ですが、周囲の情報も得ながら、8名の委員で少しずつ進めていきたいと思っております。参加してくださった保護者、地域、教職員のみなさん、ありがとうございました。

 8月5、6日には、4年ぶりに高根木戸第一町会の納涼夏祭り大会が高根遠山広場で開催されました。地域の方がやぐらや出店を準備し、和太鼓やあたりがねで盛り上げてくださっていました。たくさんの親子や子供たちが集まり、久しぶりの地域の祭りは大盛況でした。チョコバナナやポップコーンをほおばる子、射的やコリントに真剣になる子、くじ引きでもらったトイレットペーパーやラップを嬉しそうに持って歩く子。本校児童の微笑ましい姿も見られました。

1000か所ミニ集会
1000か所ミニ集会
1000か所ミニ集会2
1000か所ミニ集会2
納涼夏祭り大会
納涼夏祭り大会