スクリーンリーダー用ショートカット

質疑方式の解説

ページID:050977印刷

◆質疑では、議員が従来方式・対面方式のうちのいずれかから選択します。

(1)従来方式

  • 質疑は3回までです。
  • 予定時間は、議員が発言する時間のみで、答弁にかかる時間は含めません。
  • 議長席の前の演壇に登って、傍聴席のほうを向きながら、質問します。

(2)対面方式

  • 質疑回数は無制限です。
  • 予定時間は、議員が発言する時間のみで、答弁にかかる時間は含めません。
  • 議員席前列中央の質問席に立って、市長を初め市職員のほうを向きながら、質疑します。
アンケート

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。

より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

回答