船橋市自転車等の駐車対策に関する総合計画

更新日:平成28(2016)年7月22日(金曜日)

ページID:P046520

船橋市自転車等の駐車対策に関する総合計画

 自転車等の放置対策について、船橋市では昭和61年に「船橋市自転車等の放置防止に関する条例」を制定し、市内23駅及び三山車庫バス停周辺に80箇所の駐輪場の整備、放置自転車等の撤去、放置防止の啓発活動等の自転車等放置防止対策を行ってきましたが、放置自転車は未だに多く見受けられます。
 また、市内の駐輪場においては、利用率が高く常に満車の駐輪場がある一方で、利用率の低い駐輪場があるなど、効果的・効率的な駐輪場の整備となっていない状況です。
 以上のような背景を踏まえ、自転車等放置防止対策を効果的・効率的に実現するために基本理念や基本方針等を定めた船橋市自転車等の駐車対策に関する総合計画を策定しました。

目標年次

 目標年次は平成37年度と設定し、平成28年度から平成37年度までの10年間を計画期間とします。
※自転車を取り巻く社会環境の変化や法制度の改正等を踏まえ、5年間で中間見直しを行う予定です。

基本理念

 市民、事業者、行政が相互に連携・協力して自転車等に関するさまざまな課題に主体的に取り組むことで、放置自転車等のない歩行空間を確保し、行きかう誰もが快適に暮らせるまちを目指します。

基本方針

 総合計画では、基本理念を踏まえ、以下の4つの方針を柱として、取り組みを進めます。
方針1.駐輪場の確保や既設駐輪場の利用促進を目指します
方針2.多様な需要に応じた駐輪場の確保を図ります
方針3.放置自転車対策の強化を図ります
方針4.市民・関係事業者との連携・協力を推進します

ファイルダウンロード

この記事についてのお問い合わせ

都市整備課 自転車対策係

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。