まちづくり体験教室

更新日:平成29(2017)年4月24日(月曜日)

ページID:P044135

1.まちづくり体験教室とは

小学生を対象に、模型を使った体験型講座(ワークショップ)を開催しています。
市職員が講師として出向き、都市計画について学習する機会を提供しています。

2.体験教室の目的

  1. 自分たちの住んでいるまち(市や地域)を意識し、まちづくりを身近に感じる。
  2. 住みよいまちづくりには、都市計画(まちのルール)が必要であることを理解する。

    『みんなで作ったルールを、みんなが守っていくことで、みんなの住みやすいまちとなる。』
    というフレーズを講座の結びとしています。

3.体験教室について

1.対象

主に小学4年生から小学6年生を対象に、講座を開催しています。
小学校だけでなく、こども会などの有志団体にも出向き、講座を行います。
講座児童人数は、1班5~6人の班編成で最大6班(30~36人)まで対応します。

2.これまでの取り組み

法典西小学校にて、授業の一環としてまちづくり体験教室を行いました。
授業後の児童に対するアンケートは下記のとおりです。

  • まちづくりについて、楽しく勉強できたか
    たいへんそう思う 89%
    少しそう思う 9.5%
  • 『まちづくり』をもっと知りたいと思うか
    たいへんそう思う 68%
    少しそう思う 29%

まちづくりについて楽しく学び、都市計画に興味をもっていただけていると思います。

法典西小学校での授業の様子は、広報番組ふなばしCITY NEWSからご覧いただけます。
広報番組ふなばしCITY NEWSの動画配信(平成27年12月~3月)
特集 船橋の都市計画 ふなばしCITY NEWS平成28年1月30日


また、平成26年度に行いました宮本小学校での様子はこちらからご覧いただけます。
広報番組ふなばしCITY NEWSの動画配信(平成26年8月~11月)
特集 船橋の都市計画 ふなばしCITY NEWS平成26年11月22日

3.児童ホームでの取り組み

薬円台児童ホームと前原児童ホームにて講座を開催しました。
今年度も引き続き、児童ホームでの開催を検討しています。

児童ホームの様子はこちらからご覧いただけます。
まちづくり体験教室(児童ホーム) 

4.講座内容

小学校で行ったまちづくり体験教室を紹介します。

1.テーマ・班決め

講座実施の前に事前準備として、班編成及び班ごとにまちのテーマを決めてただきます。
法典西小学校では、児童自身に「住みたいまち」を想像してもらい、テーマを決めました。

2.まちづくり体験キットの説明

 市職員がまちづくり体験キットの使い方を説明します。
自由な発想でまちづくりができるよう、たくさんの模型や背景図を用意しています。

まちづくり体験キット

 まち台座模型一覧1模型一覧2

3.ワークショップ

早速、模型を使ってまちづくり体験を行います。
ワークショップに取り組む写真1 ワークショップに取り組む写真3
班のメンバーで協力しながら、思い描くまちを完成させていきます。
みなさん真剣に取り組んでますね。

4.発表

各班が作ったまちの発表を行います。
発表している写真2 発表している写真2
 まちのテーマ、工夫した点、難しかった点、アピールポイントなどを説明しています。

5.まとめ

 船橋市内の実際のまち並みの写真を見て、建物がどのように建っているかを確認します。
講師が講座のまとめをしている写真2 講師が講座のまとめをしている写真1
『みんなで作ったルールを、みんなが守っていくことで、みんなの住みやすいまちとなる。』
という結びで講座を終了します。

6.振り返り

後日、児童が作ったまちにコメントを添えた振り返りシートをお渡しします。
児童が製作したまち1 児童が製作したまち2
ふり返りシート見本(PDF:504KB)

5.相談窓口

まちづくり体験教室に興味のある方、開催を希望される方は、
都市計画課 まちづくり支援係(TEL:047-436-2526)までご相談ください。

この記事についてのお問い合わせ

都市計画課 まちづくり支援係

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。