生活保護について

更新日:平成30(2018)年7月4日(水曜日)

ページID:P009600

生活保護とは

 日本国憲法第25条により、健康で文化的な最低限度の生活を行うことが国民の権利として定められており、その権利を実現するための国の制度の一つです。病気や失業などで収入がなくなったり、あるいは減少して生活に困った人が、自分の資産や能力を活用したり、親族の援助を受けたりしてもなお、暮らしていけない場合に、その程度に応じて最低限の生活を保障して、自立できるように援助することを目的としています。

生活保護の原則と要件

 生活保護の原則

1.申請保護の原則

 保護は本人か扶養義務者または同居の親族の申請により開始されます。

2.基準・程度の原則

 保護の金額は、国において決定された基準により決められ、年齢・世帯構成・所在地・健康状態などにより、それぞれに必要な保護を行います。

3.世帯単位の原則

 保護は原則として同居している世帯を単位として行います。

生活保護の要件

1.能力の活用

 働くことが可能な方は、その能力に応じて働いてください。

2.資産の活用

 保有を認められない不動産、預貯金、生命保険、自動車、高価な金属などの資産があれば売却等し生活費に充ててください。

3.扶養義務者の援助の活用

 保護の決定にあたり、扶養義務者に対して、扶養の可能性を調査します。しかし、扶養については「要件」ではなく「優先」であり、扶養が受けられないことによって保護が受けられないということではありません。また、DV(家庭内暴力)や虐待など特別な事情がある場合には、調査等を行わない可能性があるため事前にご相談ください。

4.他法・他施策の活用

 年金や各種手当など、ほかの法律や制度で受けられるものがあれば、すべて受けてください。

生活保護の種類

1.生活扶助

 衣食、光熱費などの日常生活に必要な費用(人数、年齢、家族構成等により異なる)

 ※特別な事情がある場合に支給されるものとして、被服費・家具什器費・移送費・入学準備金等の一時的な扶助があります。詳しくは、地区担当員に相談してください。

2.教育扶助

 義務教育を受けている児童・生徒に必要な学用品代や給食費、学級費など

3.住宅扶助

 必要な家賃、地代、契約更新料など

4.医療扶助

 病院等医療機関での治療に必要な費用(健康保険で適用される範囲)、めがね等の治療材料費、通院に必要な交通費

5.介護扶助

 介護保険サービスを受けるために必要な費用

6.出産扶助

 出産に必要な費用

7.生業扶助

 技能を身に付けたり、仕事等に就くために必要な費用や、高校への進学費用(就学費として教材代、授業料、通学費など)

8.葬祭扶助

 葬儀の費用(原則、扶養義務者等が行う葬儀一式は除く)

生活保護費について

 国が定めている「最低生活費」の額に比べて、世帯全体の「収入」が不足する場合に、その不足する分を「生活保護費」として支給します。

※最低生活費とは…国が定めた生活費の基準による1か月の生活費のことです。最低生活費は、世帯の人数や年齢及び必要な扶助により個別に計算されます。

※収入とは…給料、年金、手当、仕送りなど世帯に入った全てのものをいいます。なお、働いて得た収入については、交通費や社会保険料の経費のほか、一定額の控除を行う特別な取り扱いがあります。

生活保護の手続き

相談

 生活に困って生活保護をお考えの方は生活支援課へご相談ください。家庭の事情や困っている状況などをお聞きし、生活保護制度について説明するとともに、年金や各種手当など他の制度が利用できるかについても説明します。

申請

 生活保護の申請は本人、同居の親族又は扶養義務者の方が申請してください。

調査

 申請受付後、ケースワーカーが家庭訪問し、生活保護の要件を満たしているかなど、必要な事項について確認します。また、必要な書類の提出をお願いしたり、金融機関や扶養義務者にも調査を行います。

決定

 調査に基づき、国が定める基準によって算出された最低生活費と世帯全体の収入を比較して、生活保護が必要かどうかを決定し、書面で通知します。決定については申請した日から14日以内(調査に時間を要した時は30日以内)に通知します。

ファイルダウンロード

関連するその他の記事

この記事についてのお問い合わせ

生活支援課

〒273-8504千葉県船橋市湊町2-1-4

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。