有害なPCBを使用している照明器具の安定器・自家用電気工作物の掘り起こし調査を実施しています

更新日:平成31(2019)年1月15日(火曜日)

ページID:P048964

PCB使用安定器等の掘り起こし調査を実施しています

船橋市では人体に有害なPCB(ポリ塩化ビフェニル)を使用している照明器具の安定器の保有状況把握のため、昭和52年3月以前に建築された事業用建物等の所有者又は管理者の皆様に、掘り起こし調査を実施しています。(一般家庭用の照明器具にはPCBは使用されていません。)

調査票が届いた方は、必要事項をご記入の上、同封の返信用封筒(切手不要)又はファクス(フリーダイヤル)にて回答にご協力くださいますようお願い申し上げます。

また、電気事業法に基づく自家用電気工作物設置者の皆様に対し、平成28年度から変圧器、コンデンサー等に関する掘り起こし調査を実施していますが、ご回答をいただけていない方にも改めて調査票を送付しておりますので、調査にご協力をお願いいたします。

※PCB使用電気機器等は所有者の責任で必ず処理しなければならず、処理の期限が迫っています。詳細はこちら(環境省PCB早期処理情報サイト)でご確認ください。

注意事項

(1)調査について

  • 調査は船橋市が調査機関に委託して実施しています。

船橋市調査委託業者 NTTタウンページ株式会社(船橋市PCB調査特設事務局)

問い合わせ先:0120-222-139

  • 他県市で、調査機関をかたった詐欺事件が発生しています。市の委託業者が金銭を要求することは、絶対にありませんそのような場合は、警察署や近くの交番、廃棄物指導課へ通報をお願いします。

(2)使用中の電気設備について

<安定器>

  • 使用中の照明設備は感電の恐れがありますので、調査はできるだけ電気工事業者や専門の調査会社等(建物の維持管理を委託している場合はメンテナンス会社)に相談する等、安全な方法で行ってください。
  • 建物の竣工図書、過去の調査記録等で本調査内容が確認できる場合は、それをもとに調査票にご記入ください。

<自家用電気工作物>

  • 接触等により感電の恐れがあり非常に危険ですので、通電中の電気設備(キュービクル等)には絶対に近づかないでください
  • 銘板記載内容を転記するなど、既に作成された書類により確認できる範囲で調査してください。
  • 調査にあたっては、電気設備を管理している電気主任技術者に必ずご相談ください。

(3)「記入者情報」について

調査票の内容について問い合わせをさせていただくことがございますので、必ず調査票の「記入者情報」へ記入をお願いいたします。

(4)調査によりPCB使用電気機器が見つかった場合の対応について

新たにPCB使用電気機器が見つかった場合、PCB特別措置法に基づき各種届出が必要となります。また、高濃度PCB廃棄物は処分先(JESCO)への早急な登録が必要です。詳細は下記リンクよりご確認ください。

届出等に関して

環境省船橋市

処分先

<高濃度>中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)

<低濃度>無害化処理認定施設一覧(環境省HP)

調査票等ダウンロード

調査票を紛失等された場合は以下からダウンロードできます。

<安定器>

PCB使用安定器の保有に関する調査について(お願い文)

PCB使用安定器の保有に関する調査票別紙(判別方法等)

<自家用電気工作物>

PCB使用電気機器の保有に関する調査について(お願い文)

PCB使用電気機器の保有に関する調査票(可能であればA3でコピーしてください)/別紙(判別方法等)/調査箇所写真(参考)

調査に関する問い合わせ先等について

調査の内容や調査票の記入方法等についてご不明な点等がございましたら、下記までお問合せください。

【問い合わせ先】船橋市PCB調査特設事務局(委託先:NTTタウンページ株式会社)

0120-222-139(平成31年3月15日までの平日9:30から16:30)

【FAXによる調査票の提出先】

0120-219-299(24時間受付)

この記事についてのお問い合わせ

廃棄物指導課 監視指導係 PCB担当

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。