プラネタリウム館

更新日:平成29(2017)年2月21日(火曜日)

ページID:P011085

プラネタリウム館

住所
〒273-0863千葉県船橋市東町834
電話番号(代表)
047-422-7732
FAX番号
047-424-9516
開館時間
午前9時から午後5時まで
投映時間は「一般投映」からご確認ください
休館日
月曜日 ・祝休日(日曜日と重なる場合はその翌々日、月曜日と重なる場合は翌日、12月29日から1月3日まで
交通案内
JR東船橋駅から徒歩約15分、またはJR船橋駅北口4番バス乗り場から「飯山満駅」「北習志野駅」「古和釜十字路」行きに乗車、「船橋警察署」下車徒歩約10分
AED
なし

 「第10回 星を見る会」のお知らせ

星を見る会

現在投映している冬の映像番組(2月26日まで)

いちばんぼし©株式会社リブラ
 いつも、盛りだくさんの博士と宙太郎のバタバタ宇宙旅行。今回は、ちょっと反省して、行き先をひとつに絞ることに。行き先の相談をしているところへ、やってきたのは、博士の姪のみるくちゃん。そのかわいさに博士も宙太郎もデレデレ。ところが、このみるくちゃん、顔に似合わず大胆不敵。期せずして博士は取り残され、みるくちゃんと宙太郎の二人で一番星=金星旅行へ出かけます。
 美の神ビーナスの名で呼ばれる金星ですが、その正体は?そして、二人は無事に戻ってこられるのでしょうか?

講演会©松本零士・東映アニメーション

 星の海を旅する鉄郎とメーテル、彼らはそこで何を見たのか・・・
 地球を飛び立ち、アンドロメダへの旅を続ける999号。オリオン大星雲に近づいたその時、ベテルギウスが放ったガス雲に遭遇する。ベテルギウスは超新星爆発直前の状態で、その一生を終えようとしていたのだ・・・とその時、ベテルギウスに巨大な爆発が起こります。その爆発により発生したフレアは鉄郎達をものみ込み、999号は機能を停止してしまいます。ベテルギウスの重力につかまり落下を始める999号、果たして鉄郎とメーテルは無事に脱出できるのでしょうか。
 「銀河鉄道999」は1978年からテレビ放送され、翌年公開の劇場版とともに一大ブームを巻き起こしたSFアニメで、松本零士氏の代表作です。

3月からはじまる春の投映番組

幼児向け一般向け
©株式会社リブラ        ©The Heavens of Copernicus /
                                                              Copernicus Science Centre

投映スケジュール

 カレンダー

プラネタリウム館携帯サイトQRコード

携帯ウェブサイトはこちら
画像・内容の無断転載を禁止します

-

地図