婚姻届

更新日:平成28(2016)年8月25日(木曜日)

ページID:P009784

婚姻生活に入っても届出をしないと法律上の夫婦として認められません。
婚姻届の用紙は全国共通です。また、市販の婚姻届用紙であっても提出に支障はありません。

婚姻届をする際、窓口で本人確認のご協力をお願いします。

受付場所

市役所、市内各出張所(連絡所は不可)、船橋駅前総合窓口センター

受付時間

市役所・出張所

平日午前9時~午後5時

船橋駅前総合窓口センター(2番窓口)

平日

午前9時~午後8時

第2・4土曜日と翌日の日曜日及び祝日

午前9時~午後5時

(注)平日午後5時以降と土・日曜日、祝日につきましては他市に確認事項がある場合、預かりとなります。
預かりの場合には後日、再度お越し戴く可能性があります。

上記以外の場合の注意事項

上記受付時間外は、市役所地下1階の守衛室で24時間受付をしております。

(注)守衛室においては届書の預かりのみになります。
後日、市役所戸籍住民課にて確認後、不備があった場合には再度お越し戴く可能性があります。
届書の連絡先記入欄には平日の日中、ご連絡の取れるお電話番号(携帯電話、勤務先等)をご記入ください。
届出受理後の各種証明書の発行及び付随するお手続きは改めて開庁時にお越し下さい。

届出の場所

  • 夫または妻となる方の本籍地の市区町村役場
  • 夫または妻となる方の住所地の市区町村役場
  • 夫または妻となる方の所在地の市区町村役場

届出人

夫および妻(成人の証人二人が必要)

必要事項の記載があれば、持参するのはお一人でも結構です。

必要なもの

  • 婚姻届書(成人の証人二人の署名及び押印が入ったもの)
  • 夫婦双方の印鑑(届書に使用したもの。スタンプ式を除く。認印可)
    (注)氏が変わる方は旧姓のもの
  • 本籍地が他市区町村の方は戸籍全部事項証明書(戸籍謄本) 各1通
    (注)未成年者の婚姻については父母の同意書が必要です。

外国人の方との婚姻の場合、更に下記の書類が必要となります。

外国人の方との婚姻

日本で最初に婚姻する場合

  • 各国在日大使館発行の婚姻要件具備証明書及び日本語の訳文
  • 本国発行の出生証明書及び日本語の訳文
  • 本国発行の国籍証明書及び日本語の訳文(有効期限内のパスポートでも可)

海外で既に婚姻した場合

  • 本国発行の婚姻証明書及び日本語の訳文
  • 本国発行の出生証明書及び日本語の訳文
  • 本国発行の国籍証明書及び日本語の訳文(有効期限内のパスポートでも可)

(注)訳文の最後に訳者の住所、氏名(自署)、印鑑(スタンプ式を除いたもの)を押印して下さい。訳者は届出人ご本人でも結構です。
外国人の方との婚姻に必要な書類につきましては、国籍により形式・内容等が異なりますので戸籍住民課までご相談ください。

 ※届出人は日本人配偶者のみです。(婚姻届への署名は日本人配偶者のみで、証人欄は不要です。)

不受理申出制度

ご本人が窓口に来られたことが確認できない場合には、届出を受理しないよう、あらかじめ申し出することができます。申出が出来る届出は、婚姻届、離婚届、養子縁組届、養子離縁届、認知届の5つです。手続きは、ご本人が市区町村の窓口で行ってください。その際、「本人確認」を行います。戸籍法の改正により、平成20年5月1日から、郵送や使者の方による申出の受付ができなくなりましたので、ご注意ください。
その他詳細については、戸籍住民課までお問い合わせください。

この記事についてのお問い合わせ

戸籍住民課

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。