高齢者の住まい

「高齢者の住まい」の記事一覧

  • 親・子世帯近居同居支援事業の申請はお早めに

    平成29(2017)年11月22日更新

    離れて暮らす親世帯と子世帯が近居※又は同居するために必要な費用を助成することにより、多世代が地域の中で交流し、安心して暮らすことができるよう支援します。

    ※近居とは、親世帯と子世帯が同一の小学校区、又は直線で1.2km以内の範囲に居住することをいいます。

  • サービス付き高齢者向け住宅事業登録制度

    平成29(2017)年11月17日更新

    サービス付き高齢者向け住宅事業登録制度は、国土交通省・厚生労働省が所管する「高齢者住まい法」の改正により、創設された新しい登録制度です。

  • 高齢者住み替え支援事業について

    平成29(2017)年8月15日更新

    市内の民間・UR賃貸住宅に居住している高齢者が、取り壊しや大規模修繕等の理由により立ち退き要求を受けた場合又は、エレベーター設備のない2階以上の民間・UR賃貸住宅に居住している高齢者世帯が住み替える場合に助成(上限15万円)を行い、高齢者が可能な限り、住み慣れた地域で住み続けられるように支援します。

  • 家賃債務保証支援サービス(民間賃貸住宅入居支援事業)について

    平成29(2017)年7月1日更新

    連帯保証人が確保できない高齢者、ひとり親、障害者世帯に対して、市と協定した保証会社による入居保証を行うと共に、低所得者については保証料の一部を助成します。