船橋市防災士及び災害救援ボランティア育成事業補助金募集について

更新日:平成29(2017)年8月9日(水曜日)

ページID:P044599

 市では、自主防災組織のリーダー的な人材を育成するため、市内在住の自主防災組織の構成員で、自主防災組織の代表者から推薦された方を対象に、防災士資格取得及び災害救援ボランティア講座受講に係る費用を助成します。
 詳細については、「防災士及び災害救援ボランティア育成事業補助金」募集要項及び「防災士及び災害救援ボランティア育成事業補助金」申請から交付までの流れをご覧ください。

募集概要

補助対象者

 本市在住の自主防災組織の構成員で、自主防災組織の代表者から推薦された方。

補助条件

 防災士(*1)
 講座を受講し、資格試験に合格し、日本防災士機構へ資格認証登録をすること。

 災害救援ボランティアリーダー(*2)
 講座を受講し、災害救援ボランティア推進委員会の認定を受けること。

募集期間

 平成29年4月3日(月曜日)から募集を開始します。
 (募集人員に達し次第終了となります。)
 ※補助金申請は危機管理課窓口または郵送にて受付します。

募集人数

 防災士 10名 災害救援ボランティアリーダー 10名
 ※先着順(ただし、1つの自主防災組織につき1名まで、いずれか1回限り)

補助上限額

 防災士 60,920円 (必要経費:研修講座受講料52,920円、資格取得試験3,000円、認証登録料5,000円(合計60,920円))

 災害救援ボランティアリーダー 15,000円(学生は10,000円)(必要経費:研修講座受講料15,000円(学生は10,000円))

補助金交付を受けた者の責務

 (1)地域において、積極的に防災に関する知識を啓発し、自主防災組織活動の促進やレベルアップを図ること。
 (2)地域において、自主防災組織の結成に関して積極的に取り組むこと。
 (3)市が行う総合防災訓練や防災に関するイベント等に参加・協力すること。
 (4)市が行う地域防災リーダー養成講座に参加・協力すること。

*1防災士

 地域社会の様々な場において、減災及び地域防災力向上のための活動が期待され、そのための十分な意識・知識・技能を有する者として、特定非営利活動法人「日本防災士機構」の認証登録を受けた者。
 ・防災士制度の詳細については、こちらをクリックしてください。⇒『日本防災士機構(ホームページ)』(外部リンク)
 ・防災士研修の申込については、こちらをクリックしてください。⇒『防災士研修センター(ホームページ)』(外部リンク)
※防災士は普通救命講習もしくは上級救命講習の受講が必須となります。
 ・救命講習の詳細はこちらをクリックしてください。⇒『救命講習開催のお知らせ(平成29年度)

 *2災害救援ボランティアリーダー

 災害予防、災害対応、災害復興の担い手となる者で、災害救援ボランティア推進委員会が行う講座を受講し、セーフティリーダー(SL)として認定された者。
 ・申込み等の詳細はこちらをクリックしてください。⇒『災害救援ボランティア推進委員会(ホームページ)』(外部リンク)

補助金申請書類

 ・補助金交付申請書(様式第1号)
 ・推薦書(様式第2号)
 ・誓約書(様式第3号)
 ・補助金変更交付申請書(様式第6号)
 ・補助金中止申請書(様式第7号)
 ・実績報告書(様式第9号)
 ・補助金請求書(様式第11号)

補助制度のリーフレット

船橋市防災士及び災害救援ボランティア育成事業補助金交付制度について、リーフレットを作成しましたので、町会・自治会内などの周知にご活用ください。

船橋市防災士及び災害救援ボランティア育成事業補助金交付制度(リーフレット)

ファイルダウンロード

関連するその他の記事

この記事についてのお問い合わせ

危機管理課 指導係

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。