「船橋市行財政改革推進会議」から意見書が提出されました

更新日:平成30(2018)年4月17日(火曜日)

ページID:P060506

 平成30年3月27日(火曜日)に、有識者等で構成される「船橋市行財政改革推進会議(会長:武藤博己法政大学大学院教授)」から意見書が提出されました。

 この意見書は、平成29年8月から平成30年3月まで計7回にわたり議論してきたテーマから、今後、船橋市が取り組むべき行財政改革について取りまとめたものです。

推進会議会長から市長へ意見書を渡している様子

松戸徹市長(写真:右)に意見書を渡す武藤博己会長(写真:左)。

市長挨拶の様子

松戸徹市長(写真:中央)より挨拶。

歓談の様子

委員(写真左から本木委員、武藤委員、大野委員)より会議全体に関する感想を頂戴しました。

意見書(PDF形式 425キロバイト)

※意見書の内容に一部訂正がありましたので、訂正後の意見書を掲載しました。(平成30年4月17日)
【訂正箇所】
 意見書14ページ 1,2行目中
 (誤)中核市の平均導入率が24.6% → (正)中核市の平均導入率が48.9%

関連するその他の記事

この記事についてのお問い合わせ

政策企画課 行財政改革推進係

〒273-8501 千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。