人間ドック費用助成について

更新日:平成30(2018)年7月31日(火曜日)

ページID:P043592

人間ドック費用助成について

  1. 人間ドックとは
  2. 対象者
  3. 助成金額
  4. 助成方法
  5. 受診券の送付時期・有効期間について
  6. 検査項目

1.人間ドックとは

細かく多岐にわたる検査項目が設けられており、疾病の早期発見・早期治療につながる任意型の健康診断です。

2.対象者

○船橋市国民健康保険加入者であって、40歳以上の方
○千葉県後期高齢者医療制度加入者であって、船橋市に在住の方

※受診日時点で資格を喪失されている場合や、同年度内に特定健康診査又は後期高齢者健康診査を受診された場合は、人間ドック費用助成を受けることができません

※人間ドックの実施対象とならない方

特定健康診査及び後期高齢者健康診査と同様に、以下の方は実施対象者から除かれるため受診できません。

  1. 妊産婦
  2. 刑事施設、労役場その他これらに準ずる施設に拘禁されている者
  3. 国内に住所を有しない者
  4. 病院又は診療所に6か月以上継続して入院している者
  5. 障害者支援施設へ入所している者
  6. 養護老人ホームまたは特別養護老人ホームに入居または入所している者
  7. 介護老人保健施設、有料老人ホーム、軽費老人ホームまたはサービス付き高齢者向け住宅(介護付き)に入居または入所している者

3.助成金額

平成28年4月1日以降受診した人間ドックに対し、13,000円を上限に助成します(同一年度内1回のみ)。
なお、人間ドック受診にかかる費用が13,000円以下の場合は、受診にかかった額を助成します。

※申請書の提出日が、人間ドック受診日の翌日から起算して2年を経過している場合、助成対象外となりますのでご注意ください。

4.助成方法

船橋市協力医療機関にて受診する場合 船橋市協力医療機関以外にて受診する場合

1.「船橋市人間ドック協力医療機関一覧表」に記載のある医療機関へ予約をします。

2.次の持ち物を医療機関へ持参します。
(1)国民健康保険被保険者証
 または後期高齢者医療被保険者証
(2)問診票記入済の人間ドック受診券
(3)人間ドック検査費用

3.人間ドックを受診します。
・検査にかかった費用から、人間ドック助成額13,000円を差し引いた額を医療機関にお支払ください。

4.人間ドック結果を受け取ります。
・人間ドック結果の受け取り方法は、受診した医療機関へご確認ください。
・受診された医療機関からの結果通知のほか、健康づくり課からも結果を送付いたします。

1.健康づくり課へ「費用助成申請書」を請求します。

2.以下の(1)から(4)の書類を健康づくり課へ提出します。
(1)費用助成申請書(※1)
(2)人間ドック結果の写し(※2)
(3)人間ドックの費用が分かる領収書(原本)(※3)
(4)問診票記入済の人間ドック受診券
(※1)押印や振込口座情報が必要です。
(※2)市の指定項目(「6.検査項目」)を満たしている必要があります。
(※3)受診者名、受診日、医療機関名、支払額の記載が必要です。

3.上記書類提出日の翌月末を目安に、助成申請書にご記入いただいた口座へ振り込みをします。
なお、申請は郵送または健康づくり課窓口にて承っております。

船橋市人間ドック協力医療機関一覧表

※合わせて脳ドックを受診予定の方は「脳ドック費用助成について」をご覧ください。

5.受診券の送付時期・有効期間について

受診券の送付時期・受診期間一覧
対象者 送付時期 受診期間
4月・5月生まれの方 4月末 5月~7月
6月・7月生まれの方 5月末 6月~8月
8月・9月生まれの方 6月末 7月~9月
10月・11月生まれの方 7月末 8月~10月
12月・1月生まれの方 8月末 9月~11月
2月・3月生まれの方 10月末 11月~1月

6.検査項目

船橋市内協力医療機関にて受診する場合

・診察等(既往歴、自覚・他覚症状の調査)
・身体測定(身長、体重、腹囲)
・血圧(収縮期・拡張期)
・血液検査(総蛋白、血清アルブミン、AST(GOT)、ALT(GTP)、γ-GT(γ-GTP)、
 空腹時血糖、血清クレアチニン、血清尿酸、HDLコレステロール、LDLコレステロール、
 中性脂肪、ヘモグロビンA1c、ヘモグロビン、ヘマトクリット、赤血球数、白血球数、血小板数)
・尿検査(蛋白、糖、潜血)
・胸部エックス線検査(又はCT検査など同等検査)
・便潜血検査(又は下部内視鏡検査など同等検査)
・胃部エックス線検査(又は上部内視鏡検査など同等検査)
・心電図検査
・腹部超音波検査(胆のう・肝臓・膵臓・腎臓)
・判定(メタボリックシンドローム判定、医師の総合評価等)

※上記以外の検査項目(オプション等)につきましては、医療機関によって異なります。費用を含め、詳細は受診される医療機関へお問い合わせ下さい。
※腹囲については、75歳以上の方は任意実施となります。

船橋市内協力医療機関以外で受診する場合

費用助成の対象となるには、以下の検査項目(特定健康診査基本健診相当)を全て受診することが必要です。

・診察等(既往歴、自覚・他覚症状の調査)
・身体測定(身長、体重、腹囲)
・血圧(収縮期・拡張期)
・血液検査(AST(GOT)、ALT(GTP)、γ-GT(γ-GTP)、空腹時血糖、HDLコレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪、ヘモグロビンA1c
・尿検査(蛋白、糖)
・判定(メタボリックシンドローム判定、医師の総合評価等、医師の氏名)

※他の検査項目(オプション等)につきましては、医療機関によって異なります。費用を含め、詳細は受診される医療機関へお問い合わせ下さい。
※腹囲については、74歳以下の方のみ該当いたします。

関連するその他の記事

この記事についてのお問い合わせ

保健所健康づくり課 (特定健診・がん検診係)

〒273-8506船橋市北本町1-16-55 船橋市保健福祉センター

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。