在宅医療支援拠点 ふなぽーと

更新日:平成29(2017)年6月8日(木曜日)

ページID:P039601

保健福祉センター内に設置している「在宅医療支援拠点ふなぽーと」では、看護師、ケアマネジャー等の専門職を配置し、在宅療養を希望する人への在宅医療・介護に関する相談、必要となる医療機関や介護サービス事業所等の紹介、在宅医療・介護関係者等への支援などを行っています。

ふなぽーと外観
在宅医療支援拠点ふなぽーとは、保健福祉センターの
1階、正面入り口から入ってすぐ右手にあります。
保健福祉センター外観

在宅医療支援拠点 ふなぽーとの主な役割

在宅医療や介護に関する相談

「通院が難しい」「自宅で治療を受けたい」「退院後のかかりつけ医がいない」等、在宅療養を希望しているけれど、どこに相談したらよいかわからないなどの悩みを抱えた患者様やその家族等からの相談を受け、適切な機関・サービスを紹介します。

在宅医療・介護に関する情報提供

船橋市医師会、船橋市、船橋在宅医療ひまわりネットワーク等が収集・保有する情報を整理し、提供します。

在宅医療・介護関係者等への支援

  • 医療・介護関係者等からの相談の受付や支援を行います。
  • 船橋在宅医療ひまわりネットワークと協力し、在宅医療・介護の連携に資する取組みを行います。
  • 患者様の情報をリアルタイムに共有できるシステム(市が管理)の活用についてご案内します。

在宅医療・介護に関する市民への普及啓発

  • 市民のみなさんが主催する講座等で、求めに応じて在宅医療に関する情報提供等を行います。
    「まちづくり出前講座」にもエントリーしています。
  • 市内で開催される健康や医療に関するイベントにて、普及啓発活動を行います。

リーフレット表 リーフレット裏
在宅医療支援拠点のリーフレットはこちら

その他、地域における多職種連携の課題の抽出や、人材育成に関することも行っています。

在宅医療の市民公開講座を開催しました

平成29年2月25日(土曜日)、中央公民館にて在宅医療の市民公開講座を開催しました。

当日は市民の方だけでなく、在宅医療や介護の専門職の方々にも多数お越しいただき、来場者は約190人でした。

大岩医師
 基調講演「がんになっても最後まで家にいるために必要なこと」
 講師の大岩孝司医師は、終末期がん患者だけを対象に訪問診療を行っており、経験に基づいた様々なお話をしていただきました。 
会場の様子
 基調講演後は、来場者から実際の介護や在宅療養の体験などを交えた質問があり、大岩医師の回答に、ほかの来場者も熱心に耳を傾けていました。
歌唱とピアノ
 休憩をはさみ、後半には市民公開講座では珍しい歌唱とピアノによる演出を行いました。
 会場中に響くピアノの音色と歌声に、来場者はみな胸を打たれている様子でした。
拠点紹介
 最後に、在宅医療支援拠点ふなぽーとの相談員による事業紹介を行いました。
 まずはふなぽーとを知っていただくため、どのような相談を受ける場所なのかを、来場者へご説明しました。
平成29年度も開催を予定しています。決定後、広報ふなばしや市ホームページにてご案内します。

配布資料はこちら

配布資料

問い合わせ

船橋市在宅医療支援拠点ふなぽーと(事業受託者:一般社団法人船橋市医師会)
住所:船橋市北本町1-16-55 保健福祉センター1階
電話:047-409-1736 FAX:047-409-1912
メールアドレス:info@funabashi-zaitaku.com
受付時間:午前9時から午後5時まで
休業日:土曜日、日曜日、祝休日、12月29日から1月3日

関連するその他の記事

この記事についてのお問い合わせ

健康政策課 企画係

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。