警備隊員の救助訓練を実施!

更新日:令和元(2019)年12月3日(火曜日)

ページID:P072331

警備隊員の救助訓練!

東消防署では、令和元年6月1日から令和元年10月31日までの間、新任職員及び拝命3年未満の職員並びに救助隊希望者を対象とした救助訓練を実施し、警備隊の救助技術の向上及び基礎体力強化の推進を図りました。
また、訓練成果を確認するため、東消防署長(左 博之 署長)による査閲及び効果確認を実施しました。

訓練開始報告

東消防署長に訓練安全管理者から訓練開始報告を行いました。

訓練開始報告 訓練開始報告
訓練開始報告

訓練開始!

訓練開始にあたり、自らの身を守るための自己確保を作成し、訓練担当者はその状況について、点検を実施しました。

訓練開始

自己確保の作成
自己確保の作成

点検の様子
点検実施
訓練準備完了
訓練準備完了!

渡過訓練の様子


セーラー渡過の様子
セーラー渡過の様子1
セーラー渡過の様子
セーラー渡過の様子2
モンキー渡過の様子
モンキー渡過の様子1
モンキー渡過の様子
モンキー渡過の様子2
チロリアン渡過の様子
チロリアン渡過の様子1
チロリアン渡過の様子
チロリアン渡過の様子2

※ロープ渡過とは?…ロープを使用して、建物や河川の間などを渡ることをいいます。
その渡る方法は、次のとおりです。

セーラー渡過…水兵が用いたことからセーラー渡過と呼ばれています。渡過中に下方が見えるため、高さに対する恐怖心が伴いますが、熟達すると軽量のものを携行して渡過することも可能です。

モンキー渡過…渡過するときの格好が猿に似ていることからモンキー渡過と呼ばれています。上を見るため、高さに対する恐怖心をある程度緩和できますが、腕力と腹筋力を必要とします。

チロリアン渡過…オーストリアのチロル地方の人が、谷等に渡したロープを渡るときに使ったところからチロリアン渡過と呼ばれています。比較的体力を使わずに渡過することができ、かつ、スピーディーに渡過することができます。

 はしご登はん訓練の様子

はしご登はんの様子1
はしご登はん訓練の様子1
はしご登はんの様子2
はしご登はん訓練の様子2

※はしご登はんとは?
自己確保の命綱を結索した後、垂直はしごを15メートル登はんします。建物への進入等、消防活動には欠かせない訓練です。

自力登はん訓練の様子

ロープ登はんの様子1

自力登はん訓練の様子1

ロープ登はんの様子2

自力登はん訓練の様子2

※自力登はんとは?
自分の力だけで、塔上から垂らされている長いロープを登はんする訓練です。

講評

訓練後に東消防署長からの講評がありました。

訓練講評

訓示
東消防署長から参加隊員に講評を実施

この記事についてのお問い合わせ

東消防署

〒274-0063千葉県船橋市習志野台3-18-23

受付時間:9時から17時(緊急連絡は24時間対応) 休業日:無休(出動等で不在の場合がございます。ご了承ください。)

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。