【郷土資料館】吉澤野球博物館資料展示室企画展「この人、知ってる?野球人気を支えたバイプレイヤー展」(終了しました)

更新日:令和4(2022)年11月9日(水曜日)

ページID:P108739

本展示は終了しました。
大変多くの方にご覧いただき誠にありがとうございました。

1.展示の概要

野球は明治5年(1872)にアメリカ人のホーレス・ウィルソン氏により日本に伝来しました。令和4年(2022)は、野球伝来150周年の記念の年に当たります。
明治から現在まで150年続く日本における野球人気は、試合の熱量を伝達するアナウンサーによっても支えられました。今回の展示では野球を支え、盛り上げた実況アナウンサーを紹介します。
映像メディアのなかった時代に野球と人々を繋ぎ、野球人気を支えた、いわばバイプレイヤーとしてのラジオ・スポーツ中継について考えてみませんか?

2.会期

令和4年10月8日(土曜日)から11月6日(日曜日)

3.時間

午前9時~午後9時

4.場所

船橋市総合体育館(船橋アリーナ)サブアリーナ内吉澤野球博物館資料展示室

住所

274-0063 千葉県船橋市習志野台7-5-1

交通

電車 東葉高速線「船橋日大前」駅西口 徒歩約8分
バス 新京成線・東葉高速線「北習志野」駅下車
   船橋新京成バス3番4番(乗車時間約5分)「東警察署前」下車 徒歩約5分
車  駐車場がございます(有料)

5.入館料

無料

6.新型コロナ感染症対策について(お願い)

館内でのマスクの着用、入館時の手指消毒等、新型コロナウイルス感染症対策にご協力をお願いいたします。

7.主催

船橋市教育委員会生涯学習部郷土資料館

8.チラシ

チラシ表チラシ裏

ファイルダウンロード

関連するその他の記事

このページについてのご意見・お問い合わせ

郷土資料館

船橋市薬円台4-25-19

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:毎週月曜日、祝日の翌日(土曜日・日曜日は除く)※5月3日~5月5日は開館、年末年始(12月29日~1月3日)

  • バナー
  • バナー