文化講演会「前方後円墳とは何かー百舌鳥・古市古墳群世界遺産登録の意義と東国の古墳文化」(終了しました)

更新日:令和元(2019)年11月21日(木曜日)

ページID:P073460

文化講演会「前方後円墳とは何かー百舌鳥・古市古墳群世界遺産登録の意義と東国の古墳文化」(終了しました)

1.日時

 令和元年11月17日(日曜日) 午後2時から4時まで(開場は午後1時30分)

2.会場

 薬円台公民館 講堂

3.講師

 若狭 徹 氏(わかさ とおる、明治大学 准教授、博士(史学))

4.申し込み

 要予約。先着160名。

 お申し込みは、船橋市郷土資料館(電話番号:047-465-9680)まで。

5.参加費

 無料

この記事についてのお問い合わせ

郷土資料館

船橋市薬円台4-25-19

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:毎週月曜日、祝日の翌日(土曜日・日曜日は除く)※5月3日~5月5日は開館、年末年始(12月29日~1月3日)

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

  • バナー
  • バナー