2019年工業統計調査の実施について

更新日:平成31(2019)年4月11日(木曜日)

ページID:P069220

2019年工業統計調査を実施します

5月初旬から6月にかけて千葉県知事が任命した調査員が、対象の事業所へ「調査員証」を携帯して訪問いたしますので、ご回答をお願いいたします。

1.調査の目的

2019年工業統計調査ポスター

総務省・経済産業省共管の工業統計調査は、製造業を営む事業所を対象に、1年間の生産活動に伴う製造品の出荷額、原材料使用額などを調査し製造業の実態を明らかにすることを目的として実施されます。

調査結果は、国や都道府県、市区町村の施策立案の基礎資料となるのみならず、民間企業や大学など国民生活の幅広い分野で活用され、豊かで住みよい日本を築くために役立っています。

2.調査の対象となる事業所

工業統計調査では、製造業を営む従業者4人以上の事業所(国調査に属する事業所を除く)が調査の対象となります。

3.調査の期日

2019年6月1日現在で調査します。(※経理項目は2018年1月~12月の実績を調査します。)

4.調査事項

主な調査事項として、従業者数、製造品出荷額、在庫額、原材料使用額、有形固定資産などがあります。調査事項は従業者の人数により異なります。

5.調査方法及び調査系統

(1)調査員調査

知事の任命を受けた調査員が調査対象事業所に調査票を配付して記入を依頼し、回収する調査方法です。
【調査系統】総務省・経済産業省-都道府県-市町村-(指導員)-調査員-調査対象事業所

(2)本社一括調査

総務省・経済産業省が本社一括対象企業に対し、傘下調査対象事業所ごとの調査票等関係用品を送付し、その企業が事業所ごとの調査票を作成し、総務省・経済産業省へ一括して提出する調査方法です。
【調査系統】総務省・経済産業省-調査対象企業

(3)国直送事業所調査

総務省・経済産業省が国直送対象事業所に調査票等関係用品を直接送付・回収する調査方法です。
【調査系統】総務省・経済産業省-調査対象事業所

6.集計と公表

(1)集計は総務省・経済産業省で行います。

(2)総務省・経済産業省では調査実施から約9ヵ月後に速報として、主要調査項目(事業所数、従業者数、製造品出荷額等)の公表を予定しています。

(3)総務省・経済産業省では調査実施から約1年3ヵ月後に「2019年工業統計表」として、次のとおり順次公表を予定しています。
【2019年工業統計表】
概要版、産業別統計表、品目別統計表、地域別統計表

また、千葉県では「2019年工業統計調査結果報告書」として、2019年9月の公表を予定しています。

7.調査結果の利用

工業統計調査の結果は、工業関係の様々な計画や施策の基礎資料として利用されています。その主な具体例をあげると次のとおりです。

(1)GDPなどの国民経済計算(SNA)、県民経済計算の推計

(2)企業物価指数、鉱工業生産指数、産業連関表、地域産業連関表の作成のための基礎資料

(3)中小企業白書、国民生活白書、県勢要覧等の作成のための基礎資料

(4)産業政策、地域振興のための基礎資料

(5)下水道整備計画策定、水資源の需要計画策定、水質浄化施策のための基礎資料

(6)工業団地開発計画、企業誘致施策の基礎資料

(7)地方交付税の算定のための基礎資料

(8)民間企業における市場予測、需要予測などの基礎資料

(9)大学等研究機関における学術研究資料

(10)国際機関への資料提供(国連、OECD(経済協力開発機構)等)

(11)社会科の学習用教材

8.秘密の厳守

ご回答いただきました調査票の内容につきましては、統計法により秘密が保護されています。
調査票の内容を統計作成の目的以外に使用することや、調査に従事するものが職務上知り得た秘密を他に漏らすことは統計法で固く禁じられています。

関連リンク

・千葉県ホームページ
・経済産業省ホームページ

この記事についてのお問い合わせ

総務課 統計係

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。