【子ども記者通信】卒業生を祝う会 3年生への感謝の気持ち(県立船橋夏見特別支援学校 醍醐ちひろさん)

更新日:令和4(2022)年4月11日(月曜日)

ページID:P102356

県立船橋夏見特支子ども記者

 私の通っている県立船橋夏見特別支援学校では、3月2日に「卒業生を祝う会」がありました。「卒業生を祝う会」は今までお世話になった3年生に向けて、作ったプレゼントを渡したり、3年生の思い出をみんなで振り返ったりして感謝の気持ちを伝える行事です。
 今年度の「卒業生を祝う会」では、3年生が修学旅行でやった紙飛行機とばし大会を1・2年生も一緒に楽しんだり、1・2年生で心を込めて作ったプレゼントを渡したり、スライドショーで卒業生の3年間を振り返ったりしました。紙飛行機とばし大会は7レース行われ、チームごとに協力して優勝を目指しました。私のチームは残念ながら、優勝することはできませんでしたが、紙飛行機を作ったりした準備の期間から、本番まで楽しく参加することができました。他にも、3年生へのプレゼント贈呈では、1・2年生で心を込めて作っていたフォトフレームを渡しました。感謝の気持ちを込めて名前のスタンプを押したり、飾りつけをしたりと準備をし、本番で渡したときも今までの感謝の気持ちを伝えることができたと思います。また、スライドショーで思い出を振り返ったり、3年生から演奏などの発表もあったりと私自身も最後まで楽しむことができました。
 私は今まで、委員会などで3年生から学ぶことがたくさんあり、学校行事や普段の授業で教えてもらうことも多くありました。そのような3年生に感謝の気持ちを伝えることのできる「卒業生を祝う会」は、私にとってこれからも大切にしていきたい学校行事の1つです。3年生と過ごすのはあと少しですが、これからも感謝の気持ちを忘れずに、3年生との学校生活を楽しみたいです。
 (令和4年3月9日投稿)

令和3年度子ども記者通信はこちら

このページについてのご意見・お問い合わせ

広報課

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日