【子ども記者通信】私たちの安全を見守る地域の方々(高郷小学校 永松那未江さん)

更新日:令和3(2021)年9月9日(木曜日)

ページID:P095644

高郷小学校子ども記者

 2021年6月28日、八街市で下校途中の小学生の列に飲酒運転のトラックが突っ込み、児童5人が死傷するという痛ましい事故が起きました。私がいつも通る通学路にも、車通りの多い道や十字路がありますが、平日の朝は登校時間に合わせて、地域の方々が見守ってくれています。日々どんな風に私たちを見守ってくれているのか気になったので、私の家の近くで見守ってくれている方にお話を伺いました。
 その方は、「安全」と「あいさつ」に気を付けており、児童たちが気持ちよく元気に登校できるように、明るく大きな声であいさつをするように心がけているそうです。
 毎朝見ていて危ないなと思うことは、車も歩行者も「ルール」を守らないことがあることだそうです。車は十字路などで一時停止や減速をせずに通行していたり、小学校低学年の児童たちは道路の白線の内側を歩いていなかったりする場面を見かけたことがあり、いつか事故が起きるのではないかと心配で、そういった危険な行動を見たときは声をかけているそうです。
 この取材から「ルールを守る」ことの大切さを学ぶことができ、夏休みが明けたら、日々私たちを見守ってくれている地域の方々に、感謝の気持ちを伝えたいなと思いました。

(令和3年8月6日投稿)

この記事についてのお問い合わせ

広報課

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。