【子ども記者通信】悲願の千葉県三連覇 縄跳びは自分の誇り(田喜野井小学校 冨樫昴くん)

更新日:令和4(2022)年3月14日(月曜日)

ページID:P102354

田喜野井小学校子ども記者

 みなさんは、「遊・友スポーツランキング」を知っていますか。遊・友スポーツランキングとは、千葉県教育委員会が主催する、県内の児童・生徒の体力向上を目的としたスポーツランキングのことです。このランキングで、僕の学校の、僕のクラスが素晴らしい成績を収めました。
 僕のクラスは、「みんなで短縄跳び」と「みんなで二重跳び」の二つの種目にチャレンジしました。ルールは、それぞれ一分間に縄を何回跳べるかを競う、シンプルなもので、クラス全員の回数の平均が記録になります。これまで、前期の部では「みんなで短縄跳び」で1位、中期の部では2つの部門で見事優勝しました。12月からの後期の部では、史上初と思われる三連覇、二重跳び二連覇の二冠王を目指して挑戦しました。しかし、2月の上旬に最高記録となる203.3回(前跳び)を記録し、「優勝だ!!」と思った矢先、大事件が起こりました。なんと、これまでランキングに出ていなかった学校が、いきなりこのクラスを抜かして、1位になってしまったのです。「もう負けたくない!」そんなみんなの意志が一つになり、最後の日は、下校時刻ギリギリまで体育館で必死に縄を跳んでいました。記録は217.6回。限界を超えて跳び続けたこの記録は、僕の予想通り、嬉しいお知らせになりました。「やってきて良かった」そんな思いがこみ上げてくる、千葉県一位、三連覇二冠王の称号は、いつになっても忘れられない思い出になりました。
 今、縄跳びを始めようと言ってくれた先生に感謝しています。二度ととれないかもしれない栄冠を与えてくれた先生も、この思い出と共に、僕の誇りに思います。 
(令和4年3月9日投稿)

令和3年度子ども記者通信はこちら

このページについてのご意見・お問い合わせ

広報課

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日