【子ども記者通信】みんなを守るために(高根小学校 安藤瑞季さん)

更新日:令和3(2021)年8月3日(火曜日)

ページID:P094726

高根小学校子ども記者

 私が通っている高根小学校では、朝礼のオンライン化や、マスク着用の義務など、さまざまな新型コロナの対策を行っています。特に6年生は、「極」という学級目標を掲げ、換気係や、窓の消毒係を設置し、感染対策に努めています。この目標に沿って、より対策を極めるため、私は「高根小が行っているコロナ対策の工夫」について全校にアンケートをしました。その結果、回答者78人のうち、約7割の人が給食の時間にもっとも気を付けているということが分かりました。
 コロナ前の給食の時間は、向かい合ってしゃべりながら食べていたけれど、今は前を向き、もく食を徹底しています。他にも、高根小は人数が少ないので、各クラスのとなりの教室が常に空いています。空いた教室を活用して、配ぜんをする教室と給食を食べる教室を別にしています。給食前の手洗いはもちろんのこと、以前は行っていなかった机や配ぜん台の消毒を徹底し、向かい合う先生とは、ついたてを設置するなど、コロナ前とは比べ物にならないほど注意をはらって食べています。
 また、8割以上の人が学校にいる間に、4回以上手を洗っていることも分かりました。低学年でも、回答してくれた人の6割以上が4回以上洗っていました。石けんの減りも早く、保健委員が補充するのが大変だと話していました。
 アンケートには、昇降口で「密になっている」との回答も寄せられました。給食時にはマスクを外すのでみんなが意識的に感染防止に努めますが、登校してすぐ友達に会ったときや、休み時間に気がゆるんでしまうのかもしれないと思いました。そこで、6年生が主体となって、みんながディスタンスを意識できるように、ポスターを制作することにしました。たくさんの絵を描いたり、ディスタンスの大切さを伝える言葉も、低学年にも意味が伝わるよう、分かりやすさを重視しました。つい近づいてしまう気持ちも分かりますが、ディスタンスはお互いの命を守るための優しさです。みんなで大切な友達や先生を守る行動ができたらいいなと思いました。
 でも、テレビのニュースなどで路上飲みをしている人や、密の状態でも平気でいる人などを見ると「1年生でもちゃんとできるのに」と残念に思います。
 運動会や授業参観は各家庭1人しか参観できなかったり、プールの授業が中止になったりと、色々な行事が中止もしくは延期になっています。今年行く予定の修学旅行もどうなるか分かりません。早く安全な生活に戻りたいし、誰もきずつけたくないので、これからも、「感染しない・させない」を極めてがんばろうと思います。 

 (令和3年7月26日投稿)

消毒の様子
(消毒の様子)
ポスター制作の様子
(ポスター制作の様子)

令和3年度子ども記者通信はこちら

この記事についてのお問い合わせ

広報課

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。