出産に係る個室料等の消費税課税誤りについて(お詫び)

更新日:令和3(2021)年10月13日(水曜日)

ページID:P097011

概要

出産に係る検査料や分べん介助料などの費用については、平成3年の消費税法改正により非課税扱いとされているところ、船橋市立医療センターでは、そのうち個室料、病衣・オムツ代の一部及び非紹介患者初診加算料等について、誤って課税扱いとして徴収していました。
患者様・ご家族の方々をはじめ、市民の皆様に深くお詫び申し上げますとともに、民法上の時効の規定(20年間)に基づき、平成13年10月に遡り、対象の方々に対しまして消費税相当額を返金させていただきます。

経緯

令和3年3月に他県の公立病院等で、同様の課税誤りが判明したことに伴い、当センターにおいても調査を行ったところ、課税誤りが判明しました。

対象者数及び返金額

時効期間20年であるところ、当センターの会計データが存在する期間について対象の方を抽出しました。
<会計データが存在する平成20年3月分~令和3年9月分>

対象者数 

2,610人(実人数)

1人あたりの平均返金額

193円

  • 個室使用料の平均返金額 1,503円
  • 病衣代の平均返金額     34円
  • オムツ代の平均返金額          10円
  • 非紹介患者初診加算料(紹介状のない初診の加算料)の平均返金額 90円

返金総額

503,631円(遅延損害金を除く)

※平成13年10月分から平成20年2月分までの対象の方については、当センターでの会計確認が困難なため、領収書等により確認し対応いたします。領収書等がある場合は、下記連絡先までお問い合わせください。

返金方法

対象となった方々に対して10月下旬以降、返金に関する文書をお送りし、返送いただいた書類を受付後、遅延損害金を加えた金額を口座振込にて返金いたします。

再発防止策

関係法令等に改正があった場合は、当センターでの内容精査に加え、必要に応じて国等の関係機関への照会等を行うなどして内容を確認し、再発防止に努めてまいります。

この記事についてのお問い合わせ

医療センター医事課

〒273-8588 千葉県船橋市金杉1-21-1

受付時間:午前8時30分から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

  • バナー
  • バナー