職員に対する懲戒処分(令和元年9月3日付け処分)

更新日:令和元(2019)年9月3日(火曜日)

ページID:P072485

 市民生活部自治振興課職員が酒気を帯びた状態で運転し、人身事故を起こしたことについて

お詫び

 職員が酒気を帯びた状態で運転し、人身事故を起こしたことについて、本日、当該職員を免職とする懲戒処分を行いました。
 本市職員が、酒気帯び運転という危険極まりない行為を行ったことは、法令遵守はもちろん、社会規範がより強く求められる公務員として決して許されることではなく、誠に遺憾であり、被害に遭われた方をはじめ、市民の皆様に深くお詫び申し上げます。
 今後、このようなことを起こすことの無いよう、職員の法令遵守の徹底を図り、市民の皆様の信頼回復に全力で取り組んでまいります。  
 
令和元年9月3日

船橋市長 松 戸 徹 

処分に至った事実の概要

 市民生活部自治振興課職員が、令和元年8月11日(日曜日)午後2時頃、習志野市実籾3丁目の県道で、酒気を帯びた状態で自動車を運転し、信号待ちで停車中の自動車に追突し、当該自動車に乗車していた者に軽傷を負わせ、「道路交通法」第65条第1項違反(酒気帯び運転)及び「自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律」第5条違反(過失運転致傷)の疑いにより現行犯逮捕されました。

処分を実施した日

 令和元年9月3日

処分対象者及び処分の程度


対象者(本人) 程度

市民生活部 自治振興課 主任主事
芳澤 俊市郎(よしざわ しゅんいちろう)
男性  満42歳

免職

再発防止の取り組み

 これまでも飲酒運転を行ってはならないということは、職員に対して注意してきたところではありますが、改めて、職員に対し、飲酒後アルコールが体内から抜けるまでに相当な時間がかかることを注意喚起し、公務内外を問わず、飲酒運転を行わないこと、行わせないことの周知徹底を図ります。

この記事についてのお問い合わせ

職員課

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。