旧日本建鐵株式会社工場跡地の土壌・地下水汚染について

更新日:平成28(2016)年6月13日(月曜日)

ページID:P037020

旧日本建鐵株式会社工場跡地について、土地所有者の三菱電機株式会社から、土壌汚染対策法に基づく土壌汚染状況調査結果報告書が平成27年6月15日に提出されました。調査の結果、土壌から基準を超えるトリクロロエチレン、1,1-ジクロロエチレン、シス-1,2-ジクロロエチレン、六価クロム化合物、ふっ素及びその化合物、水銀及びその化合物、鉛及びその化合物が、地下水から基準を超えるトリクロロエチレン、1,1-ジクロロエチレンが検出された旨の報告がありましたのでお知らせいたします。結果についてはこちらをご覧ください。

1.事業所の概要

(1)事業所の名称:日本建鐵株式会社(平成27年1月会社清算)
(2)所在地:船橋市山手1丁目1番1号
(3)調査対象地面積:約37,000平方メートル
(4)土地所有者:三菱電機株式会社

2.周辺への影響について

当該土地は、敷地の周囲が高い塀等に囲われており第三者の立入りができない状況であり、汚染土壌の大半はコンクリートやアスファルトで覆われ、緑地についても応急措置としてシートで覆う等の飛散防止措置が行われていたため、汚染土壌の直接摂取の恐れはないと考えられます。
また、汚染源からは地下水下流側の工場用地敷地境界で地下水を調査した結果、トリクロロエチレンが地下水環境基準を超えており、周辺井戸への影響が懸念されるため、井戸水調査を実施しました。

3.井戸水調査結果について

(1)調査期間
平成27年5月25日から平成27年8月19日
(2)調査場所
土壌汚染対策法のガイドラインに基づき、工場敷地内の地下水汚染源を起点として地下水が流れる南東方向の1,000mまでの距離で左右の広がり120度の範囲を地下水汚染推定最大到達範囲として井戸を調査しました。

地下水汚染の推定最大到達範囲はこちらをご覧ください。
北本町1丁目、北本町2丁目の一部、夏見1丁目の一部、夏見2丁目の一部、夏見3丁目の一部、海神2丁目の一部、海神3丁目の一部、海神4丁目の一部、本町7丁目の一部、山手1丁目の一部

(3)調査対象項目
工場敷地境界で基準超過が確認されたトリクロロエチレンとその分解生成物である1,1-ジクロロエチレン、1,2-ジクロロエチレン及び塩化ビニルモノマーとしました。
(4)調査結果
調査を実施した井戸88本のうち、23本の井戸において地下水環境基準超過が見られ、汚染に広がりのある場所が1箇所と汚染が局所的な場所が3箇所ありました。基準超過井戸の場所等の詳細はこちらをご覧ください。
(5)井戸水の飲用状況
基準超過井戸23本のうち井戸水を飲用していた井戸は9本あり、このうち5本は上水道がありませんでした。
基準超過井戸の使用者については、保健所職員と環境保全課職員が同行して直接訪問し、飲用指導を行いました。

4.今後の対応について

基準超過が確認された土地については、市が土壌汚染対策法の規定に基づき、平成27年7月16日に区域指定を行い、同年8月13日に汚染の除去等の措置を講じるよう指示を行いました。
地下水以浅の汚染の除去のため事業者により平成27年10月より平成28年2月にわたり掘削除去が行われました。この土壌の掘削除去対策については、市職員が掘削状況や土壌の搬出状況等についての適正な措置の実施を確認しています。この掘削除去により、平成28年6月6日付けにて、形質変更時要届出区域(指-19)については解除、要措置区域(指-18)については一部解除を行いました。
平成28年4月より事業者により地下水汚染対策工事が実施されており、今後も市職員による措置の実施の確認及び継続的な監視を実施してまいります。

工場敷地内の土壌・地下水汚染対策の実施状況等については、こちら(外部サイト)をご覧ください。

地下水汚染が局所的に見られた地点の調査結果については、こちらをご覧ください。

ファイルダウンロード

この記事についてのお問い合わせ

環境保全課 水質・地質係

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:月曜日から金曜日の午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。