浄化槽を適切に管理するための義務について

更新日:平成31(2019)年1月15日(火曜日)

ページID:P024810

 浄化槽は微生物の力で水をきれいにする装置です。この浄化槽が正しく働き続けるために、法律(浄化槽法)では浄化槽を使う人に3つの義務を定めています。それらが実施されることにより、安全できれいな水が近所の川や側溝などに放流されます。
 船橋市をより美しい町にしていくために、市民の皆様ひとり一人のご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

1.法定検査(年1回) 

 浄化槽が正しく機能し、管理されているかを確認するための法的な検査です。保守点検とは別に受検する必要があります。受検をしない場合、行政指導の対象となる場合があります。
 千葉県の指定検査機関である一般財団法人千葉県環境財団及び公益社団法人千葉県浄化槽検査センターが検査を行います。
※浄化槽法定検査を受検しましょう!

2.保守点検(年3~4回 浄化槽の規模、型式によって異なります)

 定期的に浄化槽の状態を点検します。消毒薬を補充したり、微生物の体調を管理したりします。
 専門的知識や機材が必要ですので、船橋市に登録のある、浄化槽保守点検業登録業者もしくは浄化槽管理士と契約してください。浄化槽管理士は国家資格です。
※浄化槽の使用にあたっては、次のことに注意しましょう。
※浄化槽保守点検の回数
※保守点検業者一覧

3.清掃(年1回以上、浄化槽の規模、型式によって異なります)

 浄化槽の中にたまった汚泥をバキューム車で取り除きます。保守点検では確認できない浄化槽の底の部分の状態もチェックします。適正な頻度で行わないと、汚泥があふれて、側溝や河川を汚したり、周囲への悪臭の原因となります。専門的な知識や機材が必要ですので、船橋市に許可のある、浄化槽清掃業許可業者と契約してください。
※清掃業者一覧

関連機関連絡先

1.法定検査について

 公益社団法人千葉県浄化槽検査センター

 住所 〒260-0024 千葉市中央区中央港1-11-1
 電話 043-246-6283
ホームページ

2.保守点検・清掃について 

一般社団法人千葉県環境保全センター

 住所 〒260-0024 千葉市中央区中央港1-11-1
 電話 043-245-4222
ホームページ

関連するその他の記事

この記事についてのお問い合わせ

廃棄物指導課 審査係(浄化槽担当)

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。