業者選定から工事までの流れ

更新日:平成28(2016)年2月21日(日曜日)

ページID:P008600

宅地内排水設備工事 宅地内排水設備工事は船橋市が指定する工事店で 

公共下水道の下水道管や処理施設等が整備されても、宅地内排水設備工事が適切に行われないと、生活環境の改善などが図られません。
そのため、宅地内排水設備工事は、適正な施工の確保をはかるため、「船橋市排水設備設計施工要領」等関係法令を熟知した責任技術者の資格をもった技術者(※)が所属する、船橋市が指定する排水設備工事店(指定工事店)でなければ施工することができないことと条例で定められています。
(注)責任技術者:排水設備に関する試験などに合格した、宅地内排水設備の設計及び施工管理を行う技術者です。

市排水設備指定工事店一覧のページへ

宅地内排水設備とはのページヘ

宅地内排水設備工事の流れ 工事完了までの手順と施工業者選定上の留意点

施工業者(指定工事店)を選定する

工事の契約を行う前に、排水設備や工事に係る相談及び工事見積りなどを取る場合などは、複数の指定工事店と行い、十分検討の上、業者を選定し工事の申し込みを行って下さい。
(注)市では、業者の斡旋・紹介は行っておりません。

工事の契約をする

工事の契約は、工事の内容,工事代金・支払い時期・支払方法,施工時期,不具合工事への対応などについて確認して行って下さい。
また、重複契約(複数の業者との契約)は、絶対行わないようにして下さい(後日のトラブルの原因となる場合があります)。

排水設備計画確認申請書を市に提出する (提出は指定工事店が代行します。)

工事の前に、「排水設備計画確認申請書」を市に提出して下さい。
提出は、指定工事店が代行しますので、内容を十分確認の上、署名押印して下さい。

排水設備計画の審査・確認を受ける

市は、提出された「排水設備計画確認申請書」に基づき、その計画が市の基準などに適合しているか審査を行い、適合していれば確認をします。

工事を行う 着工~完了

指定工事店は、 市が排水設備計画の確認をした後に、その計画に基づき工事を行います。

工事が完了したときは、市に「工事完了届」を提出するものとされています(提出は指定工事店が代行します。)。

検査を受ける 検査済証の発行

完了届が提出されると、市の検査員(職員)が検査に伺います。
検査に合格すれば、市から「排水設備検査済証」が発行されます(不合格の場合は、不具合個所の手直し工事を行った後、改めて検査を行います)。

排水設備は皆さんの大切な財産です。また、適切な維持管理を行っていくためにも、検査には皆さんも立ち会ってください

この記事についてのお問い合わせ

下水道総務課 排水設備係

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。