所得控除とは

更新日:令和元(2019)年8月1日(木曜日)

ページID:P000869

納税義務者に配偶者や扶養親族がいるかどうか、病気や災害等による出費があるかどうか等の個人的な事情を税負担のうえで考慮するため、所得金額から控除するもので次のものがあります。

控除の種類

種類をクリックすると詳細な説明に移動します。

雑損控除

要件

災害などにより資産について損失を受けた場合

控除額

次の1と2のいずれか多いほうの金額

  1. (損害金額-保険等による補てん額)-総所得金額等の10%
  2. 災害関連支出の金額-5万円

申告に必要なもの

災害等に関連してやむを得ない支出をした金額についての領収書

医療費控除

要件

医療費を支払った場合

※平成30年度 市民税・県民税申告(平成29年分 所得税の確定申告)より、セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)が新設されました。

控除額

(支払った医療費-保険等による補てん額)-(総所得金額等の5%又は10万円のいずれか少ない金額)
※限度額は200万円

申告に必要なもの

  • 医療費の領収書等
  • 医療費の支払先が多い場合や支払った医療費が高額な場合は、その内訳などを記入した「医療費の明細書」 ※健康保険組合が発行する「医療費のお知らせ」は「領収書等」には当たりません。

社会保険料控除

要件

社会保険料(国民健康保険、国民年金の掛金など)を支払った場合

控除額

支払った金額

申告に必要なもの

社会保険料(健康保険料、国民健康保険料、国民年金保険料、国民年金基金の掛金、後期高齢者医療保険料、介護保険料など)の控除証明書等
※給与所得者が、既に年末調整でこの控除を受けている場合は、添付又は提示は不要です。

小規模企業共済等掛金控除

要件

小規模企業共済制度等に基づく掛金を支払った場合

控除額

支払った金額

申告に必要なもの

支払った掛金額の証明書
※給与所得者が、既に年末調整でこの控除を受けている場合は、添付又は提示は不要です。

生命保険料控除

要件

 納税者本人や本人の親族を受取人とする生命保険料・個人年金保険料・介護医療保険料を支払った場合。
 なお、旧一般生命保険分、旧個人年金分、新一般生命保険分、新個人年金分、介護医療保険分の種別は、保険会社発行の控除証明書に記載されています。

控除額

新制度 一般生命・個人年金・介護医療保険の場合

(県)

支払保険料(円) 控除額(円)
12,000以下 支払保険料全額
12,001以上32,000以下 支払保険料×1/2+6,000
32,001以上56,000以下 支払保険料×1/4+14,000
56,000以上の場合 28,000(上限)
旧制度 一般生命・個人年金保険料の場合

(県)

支払保険料(円) 控除額(円)
15,000以下 支払保険料全額
15,001以上40,000以下 支払保険料×1/2+7,500
40,001以上70,000以下 支払保険料×1/4+17,500
70,001以上の場合 35,000(上限)

◎一般生命保険料控除と個人年金保険料控除は、各々の控除ごとに、
(1)新契約のみ (2)旧契約のみ (3)新契約と旧契約の合算値
の(1)~(3)の控除額を算出し、その中で最も大きい控除額が一般生命保険料分と個人年金保険料分の各々の控除額となる。
 ※(3)の場合
 旧契約の控除額が28,000円を超えるときは、(2)旧契約のみの控除額(上限35,000円)が適用され
 る。旧契約の控除額が28,000円以下のときは、新契約と旧契約の合計額(上限28,000円)が適用と
 なる。
また、一般生命・個人年金・介護医療保険の三種類の控除がある場合を含む生命保険料控除の合計額の上限は70,000円

【参考】 所得税における控除額

新制度 一般生命・個人年金・介護医療保険の場合

支払保険料(円) 控除額(円)
20,000まで 支払保険料全額
20,001以上40,000まで 支払保険料×1/2+10,000
40,001以上80,000まで 支払保険料×1/4+20,000
80,001以上 40,000(上限)
旧制度 一般生命・個人年金保険料の場合

支払保険料(円)


控除額(円)

25,000まで 支払保険料全額
25,001以上50,000まで

支払保険料×1/2+12,500

50,001以上100,000まで 支払保険料×1/4+25,000
100,001以上 50,000(上限)

◎一般生命保険料控除と個人年金保険料控除は、各々の控除ごとに、
(1)新契約のみ (2)旧契約のみ (3)新契約と旧契約の合算値
の(1)~(3)の控除額を算出し、その中で最も大きい控除額が一般生命保険料分と個人年金保険料分の各々の控除額となる。
 *(3)の場合
 旧契約の控除額が40,000円を超えるときは、(2)旧契約のみの控除額(上限50,000円)が適用され
 る。旧契約の控除額が40,000円以下のときは、新契約と旧契約の合計額(上限40,000円)が適用と
 なる。
また、一般生命・個人年金・介護医療保険の三種類の控除がある場合を含む生命保険料控除の合計額の上限は120,000円

申告に必要なもの

支払額などの証明書
※給与所得者が、既に年末調整でこの控除を受けている場合は、添付又は提示は不要です。

地震保険料控除

(注)平成20年度より、損害保険料控除が廃止されましたが、経過措置として平成18年末迄に加入した長期損害保険で満期返戻金があるものについては、従前の損害保険料控除が適用されます。
(なお、1つの控除証明書に2種以上の保険があるものについては、地震もしくは旧長期損害保険のいずれかを選択して控除額を算出する場合がありますので、控除証明書の「ご注意」の欄をご参照ください。)

要件

居住用家屋や家財などを保険や共済の目的とする損害保険契約で、かつ、地震、噴火又は津波等を原因とする損害に対する保険金が支払われる損害保険契約の保険料や掛金を支払った場合

地震損害保険料

損害保険契約等に係る地震等損害部分の保険料を支払ったもの  

旧長期損害保険料

保険期間又は共済期間が10年以上で満期返戻金のあるもの

控除額

1.支払った保険料が地震保険料だけの場合

支払った保険料が地震保険料だけの場合

(県)

支払保険料(円) 控除額(円)
50,000以下 支払保険料×1/2
50,000超 25,000

【参考】所得税における控除額

支払額 控除額
50,000まで 支払控除額全額
50,001以上 50,000(上限)

2.支払った保険料が旧長期損害保険料だけの場合

支払った保険料が旧長期損害保険料だけの場合

(県)

支払保険料(円) 控除額(円)
5,000以下 支払保険料全額
5,000超15,000以下 支払保険料×1/2+2,500
15,000超の場合 10,000(限度額)

【参考】所得税における控除額

支払額(円) 控除額(円)
10,000まで 支払保険料全額
10,001から20,000まで 支払保険料×1/2+5,000
20,001以上 15,000(上限)

3.支払った保険料が1と2の両方の場合

 上表で算出した金額の1と2の合計額
 (注)限度額は市・県民税:25,000円、所得税:50,000円

申告に必要なもの

支払額などの証明書
※給与所得者が、既に年末調整でこの控除を受けている場合は、添付又は提示は不要です。

障害者控除

要件

本人、控除対象配偶者、又は扶養親族が障害者の場合

※障害者控除は年少扶養者が障害がある場合にも適用できます。

控除額

  1. 一般の障害者 26万円
  2. 特別障害者 30万円
  3. 同居特別障害 53万円 (特別障害に23万円の加算)

寡婦控除

要件

  • 夫と死別・離婚又は夫の生死の不明な人で、扶養親族又は扶養親族である子を有している場合
  • 夫と死別又は夫の生死の不明な人で合計所得金額が500万円以下の場合

控除額

  • 一般の寡婦 26万円
  • 合計所得金額が500万円以下で、かつ、扶養親族である子を有している場合 30万円

寡夫控除

要件

妻と死別、離婚又は妻の生死の不明な人で、扶養親族である子を有し、かつ合計所得金額が500万円以下の場合

控除額

26万円

勤労学生控除

要件

本人が学生又は生徒で、合計所得金額が65万円(給与収入で130万円)以下で、かつ給与所得等以外の所得が10万円以下の場合

控除額

26万円

申告に必要なもの

各種学校や専修学校の生徒、職業訓練法人の認定職業訓練を受けている方は、その学校や法人から交付される証明書
※給与所得者が、既に年末調整でこの控除を受けている場合は、添付又は提示は不要です。

配偶者控除

 平成31年度分より配偶者控除について改正があります。詳しくは下記ページを参照してください。

 配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しについて

 平成29年度より国外居住親族に係る扶養控除等の適用に一部改正がありました。詳しくは下記ペー
 ジを参照してください。

 国外居住親族に係る扶養控除等の適用について

要件

生計を一にする配偶者の合計所得金額が38万円以下である場合(他の納税義務者の扶養親族又は専従者を除く)

控除額

一般の控除対象配偶者の場合

33万円

控除対象配偶者が70歳以上の場合

38万円

配偶者特別控除

 平成31年度分より配偶者特別控除について改正があります。詳しくは下記ページを参照してください。

 配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しについて

要件

合計所得金額が1,000万円以下の納税義務者が、合計所得金額が38万円超、76万円未満の生計を一にする配偶者(他の納税義務者の扶養親族又は専従者を除く)を有する場合

控除額

所得金額(円) 控除額(円)
380,001~449,999 330,000
450,000~499,999 310,000
500,000~549,999 260,000
550,000~599,999 210,000
600,000~649,999 160,000
650,000~699,999 110,000
700,000~749,999 60,000
750,000~759,999 30,000
760,000以上 0

扶養控除

 平成29年度より国外居住親族に係る扶養控除等の適用に一部改正があります。詳しくは下記ページ
 を参照してください。

 国外居住親族に係る扶養控除等の適用について

要件

生計を一にする親族で、合計所得金額が38万円以下の場合(他の納税義務者の扶養親族又は専従者を除く)

控除額

年少扶養親族(16歳未満)の場合

0円

一般扶養親族(16歳以上19歳未満)の場合

33万円

特定扶養親族(19歳以上23歳未満)の場合

45万円

一般扶養親族(23歳以上70歳未満)の場合

33万円

老人扶養親族(70歳以上)の場合

38万円

老人扶養親族(70歳以上)で同居している父母等の場合

45万円

※同居している父母等とは70歳以上の人のうち納税義務者又は、納税義務者の配偶者の直系尊属で納税義務者又は納税義務者の配偶者のいずれかと同居をしている人

基礎控除

要件

すべての納税義務者

控除額

33万円

寄附金控除

平成21年度の税制改正により個人住民税での控除方式が所得控除方式から税額控除方式に改正されました。詳しくは、下記のページを参照して下さい。
寄附金控除(所得割の税率と税額控除について)

この記事についてのお問い合わせ

市民税課 個人市民税第一係

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

有料広告欄 広告について
  • はんこ屋さん21船橋南口店
  • バナー
  • バナー