住宅火災が増えています!!

更新日:令和3(2021)年2月16日(火曜日)

ページID:P088538

 昨年の火災件数は、116件で前年比+8件とわずかに増加しましたが、過去10年の平均(155件)から見ると昨年に引き続き低い数字となっています。

 しかしながら、建物火災の件数が83件(前年比+22件)、そのうち住宅での火災が52件(前年比+20件)と前の年に比べ大きく増加し、令和2年中に火災で亡くなられた方は、すべて住宅火災により発生しています。

 住宅火災では、電気関連やコンロ、たばこが原因の多くを占めており、調理中に火をかけたまま寝てしまったり、たばこの火の不始末、電気ストーブの近くに燃えやすいものを置いていたなど、火災の多くは、ちょっとした不注意から発生しています。

 新型コロナウイルスの関係で、不要不急の外出を控えるご家庭も多く、以前よりも自宅で過ごす時間が増えていることから、火を使用する際は、くれぐれも目を離すことなく、消火したことをしっかり確認し、火災の予防に努めてください。

関連するその他の記事

この記事についてのお問い合わせ

消防局予防課 調査広報係

〒273-0011千葉県船橋市湊町2-6-10

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。