通知カードの記載に変更があった場合の手続き

更新日:令和元(2019)年10月30日(水曜日)

ページID:P044412

通知カードの住所や氏名などに変更が生じたとき

 住所の異動や戸籍の届出などにより、通知カードの記載事項(住所、氏名、性別、生年月日)に変更が生じた場合には、通知カードの裏面に変更内容を記載しますので、表面記載事項変更の手続きが必要になります。変更のある方は窓口までお持ちください。
裏面の記載する余白が無くなった場合において、再交付申請をしていただくと、通知カードを無料で再交付いたします。通知カードは全国の市町村がカードの作成を依頼する地方公共団体システム機構(J-LIS)で作成されます。そのため通知カード受取までは約1か月ほどかかりますのでご了承ください。
※通知カードの記載事項に変更があった方は、通知カードについているマイナンバーカード(個人番号カード)の申請書は使用できません。マイナンバーカード(個人番号カード)をご希望の場合、窓口にて新しい申請書をお渡し致します。

表面記載事項変更の手続きについて

 受付窓口と時間
・船橋市役所戸籍住民課(1階)または各出張所(平日(月曜日~金曜日)9:00~17:00)
・船橋駅前総合窓口センター(フェイスビル5階 3番窓口) (平日(月曜日~金曜日)9:00~20:00、第2・第4土曜日とその翌日の日曜日及び祝日9:00~17:00)
※連絡所では受付ができませんのでご注意ください。

 記載事項変更が必要なケース
・住所の異動が生じたとき
・戸籍の届出で氏名が変更する場合
・その他、通知カードの記載事項に変更が生じたとき

 記載事項変更に必要な書類
1.通知カード表面記載事項変更届出書(戸籍住民課、駅前窓口センター、または各出張所でのお渡しになります。)
2.通知カード
3.本人確認書類(原本)
4.代理人の場合には、代理権を証明する書類
 任意代理人の場合は委任状
法定代理人の場合は戸籍謄本またはその資格を証明する書類

 同住所同世帯の方が記載事項変更の届出を行う場合
同住所同世帯の方が代理人として記載事項変更を行う場合は、上記4の代理権を証明する書類は不要です。


本人確認書類の要件

1点

運転免許証、旅券、住民基本台帳カード(顔写真付)、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る。)、身体障害者手帳、精神障害者保健手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書等

官公署から発行され、又は発給された書類その他これに類する書類であって、個人識別事項(氏名と生年月日または住所)が記載され、かつ、写真の表示その他の該当書類に施された措置によって、特定の個人と確認することができるもの。

2点

健康保険又は介護保険の被保険者証、医療受給者証、児童扶養手当証書、各種年金証書、生活保護受給者証、地方公共団体が交付する敬老手帳、社員証、学生証、等

個人識別事項(氏名と生年月日または住所)が記載された、特定の個人と確認することができるもの。

ファイルダウンロード

関連するその他の記事

この記事についてのお問い合わせ

戸籍住民課

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。