北部清掃工場建設工事の進捗状況について(令和元年9月工事完了)

更新日:令和元(2019)年11月11日(月曜日)

ページID:P027446

北部清掃工場完成写真


メグスパ完成写真

平成25年度から始まりました新北部清掃工場の建設及び余熱利用施設の整備が完了し、平成29年4月1日に稼働しました。
ごみを焼却する際発生する熱(蒸気)を利用した発電を行い、清掃工場及び余熱利用施設の電気をまかない、余った電気を売電することにより、再生可能エネルギーの有効利用を促進しています。
令和元年9月をもちまして、旧工場棟の解体、多目的広場の整備を完了いたしました。

工事概要(PDF形式:5KB)
工場棟解体工事の進め方(PDF形式 523キロバイト)
工事全体スケジュール(PDF形式:98KB)

解体工事の完了について

 平成29年度4月より開始しました旧工場棟の解体工事ですが、令和元年9月30日をもちまして、旧工場棟の解体並びに解体後敷地の多目的広場の整備が完了いたしました。長い間、ご理解とご協力誠にありがとうございました。

構内道路対面通行区間の終了について

 北部清掃工場構内道路入口付近の対面通行について、これまで多目的広場整備に伴う工事車両の通行のために実施していたところでありますが、令和元年9月4日をもちまして工事車両の通行並びに路面の整備が終了いたしました。今後、入口付近は一方通行となりますので、路面の案内表示のとおりお進み下さい。 長い間、ご理解とご協力ありがとうございました。

土壌汚染区画の指定解除状況について

 建設工事用地全体の土壌汚染調査は、平成29年9月にて調査を終了しております。
 調査により確認された土壌汚染区画については、土壌汚染対策法に基づき指定区域に指定されていましたが、汚染土壌の掘削処分及び基準適合土壌よる埋め戻しを行い、平成30年11月1日に指定区域の全部が指定解除されました。

 現在までの指定解除状況について(PDF形式:152キロバイト)

平成30年11月1日付で、指定区域の全部が指定解除されました。

鉛溶出量基準超過区画(平成28年5月判明分)NO.1

 平成28年5月に土壌汚染が確認された、鉛溶出量基準超過区画の一部については、形質変更時要届出区域に指定されておりましたが、汚染土壌を掘削処分し、基準適合土壌による埋め戻しを行い、平成30年11月1日付けで形質変更時要届出区域の指定を解除されております。

シアン化合物溶出量基準超過区画(平成29年9月判明分)NO.3

 平成29年9月に土壌汚染が確認された、シアン化合物溶出量基準超過区画については、形質変更時要届出区域に指定されておりましたが、汚染土壌を掘削処分し、基準適合土壌による埋め戻しを行い、平成30年11月1日付けで形質変更時要届出区域の指定を解除されております。

平成30年6月20日付で、指定区域の一部が指定解除されました。

鉛溶出量基準超過区画(平成28年5月判明分)NO.1

 平成28年5月に土壌汚染が確認された、鉛溶出量基準超過区画の一部については、形質変更時要届出区域に指定されておりましたが、汚染土壌を掘削処分し、基準適合土壌による埋め戻しを行い、平成30年6月20日付けで形質変更時要届出区域の指定を解除されております。なお、特別高圧電線引き込みにかかる工事を円滑に行うために区域指定した基準超過が確認されなかった区画についても、併せて区域の指定を解除されております。

鉛含有量基準超過区画(平成29年6月判明分)N0.2

 平成29年6月に土壌汚染が確認された、鉛含有量基準超過区画の一部については、形質変更時要届出区域に指定されておりましたが、汚染土壌を掘削処分し、基準適合土壌による埋め戻しを行い、平成30年6月20日付けで形質変更時要届出区域の指定を解除されております。

その他の基準超過区画

 土壌汚染が確認されている残りの区画については、形質変更時要届出区域に指定されております。(要措置区域はありません。)旧北部清掃工場の解体工事の工程と併せて、汚染土壌を掘削処分し、基準適合土壌による埋め戻しを、平成30年度中に実施する予定です。

平成29年12月19日付けで、指定区域の一部が指定解除されました。

ふっ素溶出量基準超過区画(平成29年6月判明分)NO.2

 平成29年6月に土壌汚染が確認された区画のうち、ふっ素溶出量基準超過区画については、要措置区域に指定されておりましたが、汚染土壌を掘削処分し、基準適合土壌による埋め戻しを行い、平成29年12月19日付けで要措置区域の指定を解除されております。

鉛溶出量基準超過区画(平成28年5月判明分)NO.1

 平成28年5月に土壌汚染が確認された、鉛溶出量基準超過区画の一部については、形質変更時要届出区域に指定されておりましたが、汚染土壌を掘削処分し、基準適合土壌による埋め戻しを行い、平成29年12月19日付けで形質変更時要届出区域の指定を解除されております。

平成29年度 建設工事用地に係る土壌汚染状況と対応について(平成29年9月判明分)NO.3

 旧清掃工場エリアの解体工事の中で、工場棟建物下の土壌汚染調査を実施した結果、1つの区画(10m区画)でシアン化合物の溶出量基準(検出されないこと)超過が判明しました。このため、市としては、土壌汚染対策法に基づき適切に対応をいたします。
 地下水調査の結果、シアン化合物の汚染がないこと及び、近隣に飲用井戸もないことを確認していることから、旧北部清掃工場の解体工事の工程と併せて、平成28年度及び平成29年度に調査した鉛の溶出及び含有量基準の超過区画と併せて汚染土壌を掘削処分し、基準適合土壌による埋め戻しを実施したいと考えております。

平成29年度 北部清掃工場建設工事用地に係る土壌汚染状況と対応について(平成29年9月判明分)

 上記においては、表層から深度1mの土壌に汚染がないことを確認しておりましたが、その後、追加調査を実施し、平成29年9月26日に表層から深度75cmの土壌にも汚染がないことが判明しました。

平成29年度 計量証明書の写し(深度75cm)

平成29年度 建設工事用地に係る土壌汚染状況と対応について(平成29年6月判明分)NO.2

 旧清掃工場エリアの解体工事の中で、西側エリアの土壌汚染調査を実施した結果、1つの区画(10m区画)でふっ素の溶出量基準(0.8mg/L以下)超過が、また、3つの区画で鉛の土壌含有量基準(150mg/kg以下)超過が判明しました。このため、市としては、土壌汚染対策法に基づき適切に対応をいたします。
 ふっ素の溶出量基準超過区画については、地下水調査の結果、汚染がないことを確認しておりますが、近隣に飲用井戸があることから、早急に汚染土壌を掘削処分し、基準適合土壌による埋め戻しを行います。
 また、土壌含有量基準の超過区画については、平成28年度に調査した鉛の溶出量基準の超過区画と今後実施する旧清掃工場の建物下の土壌汚染対策の調査結果を踏まえ、旧北部清掃工場の解体工事の工程と併せて、汚染土壌を掘削処分し、基準適合土壌による埋め戻しを実施したいと考えております。
 なお、ふっ素の溶出量基準が超過した区画は平成29年8月23日付で土壌汚染対策法に規定する要措置区域に指定されており、平成29年9月19日以降に汚染土壌を掘削処分し、基準適合土壌による埋め戻しを実施する予定です。鉛の含有量基準が超過した区画については、平成29年8月23日付で土壌汚染対策法に規定する形質変更時要届出区域に指定されております。

平成29年度 北部清掃工場建設工事用地に係る土壌汚染状況と対応について(平成29年6月判明分)

平成28年度 建設工事用地に係る土壌汚染状況と対応について(平成28年5月判明分)NO.1

 新工場への電力供給のための特別高圧電線の引込と雨水埋設管の設置のための土壌汚染調査をした結果、数区画で鉛の土壌溶出量基準(0.01mg/L以下)の超過が判明しました。このため、市としては、土壌汚染対策法に基づき適切に対応をいたします。
 特別高圧電線引込範囲については、平成28年7月8日付で土壌汚染対策法に規定する形質変更時要届出区域に指定されており、近隣への健康被害が生じるおそれがないため、平成28年7月23日より特別高圧電線埋設工事を実施しました。
 また、雨水埋設管の設置範囲については、平成28年8月16日付で土壌汚染対策法に規定する要措置区域に指定されておりましたが、汚染土壌を掘削処分し、基準適合土壌により埋戻しを行い、平成29年1月23日付で要措置区域の指定が解除されております。詳細は以下をご参照ください。

平成28年度 北部清掃工場建設工事用地に係る土壌汚染状況と対応について

進捗状況(随時更新していきます)

  • 平成26年2月 仮設工事着手
    ※仮設工事:現場事務所設置、工事用電源引込、工事用ゲート、仮囲(フェンス)設置など。
  • 平成26年3月 造成工事着手
    ※造成工事:工場建設を行う場所の地盤を整地。
  • 平成26年8月 清掃工場基礎工事着手
    ※基礎工事:工場(建物)を支えるための工事。杭工事が中心。
  • 平成26年10月 余熱利用施設基礎工事着手
  • 平成26年12月 杭工事完了
  • 平成26年12月 基礎躯体工事着手
    ※基礎躯体工事:工場(建物)の荷重を杭(地盤)につたえる部分を作る工事。 地上1階床までの範囲。
  • 平成27年4月 上部躯体工事着手
    プラント設備工事着手
    煙突外筒躯体工事着手
    ※上部躯体工事:工場(建物)の地上部分の工事。
    ※プラント設備工事:清掃工場の設備(機器)を設置する工事。
  • 平成27年11月 煙突外筒躯体完成
  • 平成28年4月 内装工事着手
    ※内装工事:建物内部の壁、床、天井などの仕上げ工事。
  • 平成28年9月 受電、試運転開始
  • 平成28年10月 焼却炉乾燥焚開始
  • 平成28年11月 焼却炉実負荷試運転開始
    ※実負荷試運転:実際のごみを投入し焼却炉の燃焼状況を確認する試験運転。
  • 平成29年1月 粗大ごみ処理設備実負荷試運転開始
    ※実負荷試運転:実際の粗大ごみを投入し破砕状況を確認する試験運転。
  • 平成29年3月 本性能試験実施
    ※本性能試験:焼却炉の能力や排ガスの成分等を確認するための試験。
  • 平成29年3月 清掃工場・余熱利用施設完成
  • 平成29年4月 旧工場解体工事着手
  • 平成29年12月 旧管理棟解体完了
  • 平成30年7月 アスベスト除去工事完了
  • 平成30年8月 ダイオキシン類除染工事完了
  • 平成30年8月 旧煙突筒身解体完了
  • 平成31年3月 旧工場棟解体完了
  • 平成31年3月 外構工事着手
  • 令和元年9月 外構工事完了

工事状況写真 (随時更新していきます)

全景写真(工場棟)(PDF形式:11,922KB)
全景写真(余熱利用施設)(PDF形式:1,601KB)
全景写真(解体工事)(PDF形式 2,253キロバイト)
令和元年7月~令和元年9月(PDF形式 503キロバイト)
平成31年4月~令和元年6月(PDF形式 680キロバイト)
平成30年10月~平成31年3月(PDF形式 957キロバイト)
平成30年4月~平成30年9月(PDF形式 1,134キロバイト)
平成29年10月~平成30年3月(PDF形式 798キロバイト)
平成29年4月~9月(PDF形式 848キロバイト)
平成29年2月3月(PDF形式 3,764キロバイト)
平成29年1月(PDF形式 1,214キロバイト)
平成28年12月(PDF形式 1,500キロバイト)
平成28年11月(PDF形式 847キロバイト)
平成28年10月(PDF形式 1,217キロバイト)
平成28年9月(PDF形式 900キロバイト)
平成28年8月(PDF形式 1,001キロバイト)
平成28年7月(PDF形式 1,591キロバイト)
平成28年6月(PDF形式 1,677キロバイト)
平成28年5月(PDF形式 1,924キロバイト)
平成28年4月(PDF形式 1,721キロバイト)
平成28年3月(PDF形式 2,177キロバイト)
平成28年2月(PDF形式 1,686キロバイト)
平成28年1月(PDF形式:1,990KB)
平成27年12月(PDF形式:1,911KB)
平成27年11月(PDF形式:2,058KB)
平成27年10月(PDF形式:3,455KB)
平成27年9月(PDF形式:3,330KB)
平成27年8月(PDF形式:2,459KB)
平成27年7月(PDF形式:2,269KB)
平成27年6月(PDF形式:2,331KB)
平成27年5月(PDF形式:1,303KB)
平成27年4月(PDF形式:3,227KB)
平成27年3月(PDF形式:3,151KB)
平成27年2月(PDF形式:1,792KB)
平成27年1月(PDF形式:1,905KB)
平成26年12月(PDF形式:1,139KB)
平成26年11月(PDF形式:1,953KB)
平成26年10月(PDF形式:3,529KB)
平成26年9月(PDF形式:963KB)
平成26年8月(PDF形式:1,561KB)
平成26年7月(PDF形式:895KB)
平成26年6月(PDF形式:1,660KB)
平成26年5月(PDF形式:1,772KB)
平成26年4月(PDF形式:1,183KB)
平成26年3月(PDF形式:731KB)
平成26年2月(PDF形式:802KB)

ファイルダウンロード

この記事についてのお問い合わせ

資源循環課 施設係

千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:月曜日から金曜日の午前9時から午後5時まで(祝日・年末年始を除く) 休業日:土曜日、日曜日、祝日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。