ごみの減量及び資源化に向けた市民意見交換会の開催状況

更新日:平成30(2018)年1月25日(木曜日)

ページID:P054270

ごみの減量及び資源化に向けた市民意見交換会の開催

 ごみの減量及び資源化に向けた市民意見交換会を開催しました。

 市のごみ事情、課題、船橋市一般廃棄物処理基本計画における取組みをお伝えさせていただき、その後、質疑応答をとおして意見交換を行いましたので、今後の取組みに活かしてまいります。


意見交換会写真1
市民意見交換会の様子1


意見交換会写真2
市民意見交換会の様子2

船橋市一般廃棄物処理基本計画における取組

 循環型社会実現に向けたステップアップを基本理念として、平成29年2月に船橋市一般廃棄物処理基本計画を策定いたしました。
 この計画において、3つの基本方針と4つの数値目標を設定しております。

【循環型社会を実現するための3つの基本方針】
 方針1 2R(リデュース・リユース)を優先した社会を目指す
 方針2 市民、事業者、行政のパートナーシップによって循環型社会を実現する
 方針3 安心、安全を優先しながら、経済性を考慮した廃棄物処理のしくみを構築する

【数値目標】

基準年度
(平成27年度)
中間目標年度
(平成33年度)
目標年度
(平成38年度)
(1)総排出量
(平成27年度比)
208,923t 194,300t
(-7%)
183,850t
(-12%)
(2)1人1日あたり家庭系ごみ排出量
(平成27年度比)
567g 497g
(-70g)
427g
(-140g)
(3)リサイクル率
(平成27年度比)
19.6% 27%
(+7%)
34%
(+14%)
(焼却灰を含まないリサイクル率) 13.3% 20% 27%
(4)最終処分量
(平成27年度比)
14,264t 10,000t
(約70%)
7,000t
(約50%)

市民の皆さんの理解のうえ、先行して実施を検討する事業

1 家庭から出る可燃ごみの収集回数の見直し

 市民の皆様のご理解をいただいたうえで、家庭から出る可燃ごみの収集回数を週3回から週2回へ見直すことを検討しております。

 収集回数の見直しにより、ごみの減量及び資源化に対する市民意識の高まりや環境負荷の低減などが期待できます。家庭から出る可燃ごみの1人1日あたりの排出量は520gであり、排出量が同程度(500~550g)の自治体では、86.7%(196/226市町村)が週2回以下の収集となっており、全国の中核市では、本市以外は全て週2回収集です。

2 高齢者・障害者へのふれあい収集事業の実施

 新たなごみ出し支援サービス(ふれあい収集事業)の実施を検討しております。

 市内におけるひとり暮らし高齢者は平成26年度の3万3000人から平成37年度には4万7000人となる予測から高齢者・障害者世帯へのごみ出し支援は重要度が増すと考えられます。

ごみの減量状況等により、実施を検討する事業

1 家庭系ごみ有料化の検討

 有料化とは、ごみ処理経費を指定ごみ袋の料金に一部上乗せすることなどにより、ごみ減量の努力が負担額に反映され、公平化される制度です。

 千葉県内では56市区町村のうち36市区町村が有料化を実施しております。

市民意見交換会の開催状況

 市民、自治会、及び団体を対象とした市民意見交換会の開催状況は以下のとおりです。
 また、市政モニターアンケート及び消費生活に関する意識アンケート(消費生活モニター対象)も併せて実施しております。

対象 実施回数 アンケート回収数
個人 5回 25件
自治会 30回 892件
団体 9回 265件
市政モニター 257件
消費生活モニター 579件
合計 44回 2,018件

個人(全市民)を対象とした市民意見交換会の開催状況

開催日 時間 会場 アンケート回収数
7月2日(日曜日) 午前9時30分~午前11時00分 北部公民館 2件
7月8日(土曜日) 午後3時30分~午後5時00分 高根台公民館 13件
7月23日(日曜日) 午前9時30分~午前11時00分 東部公民館 5件
7月26日(水曜日) 午後6時30分~午後8時00分 中央公民館 4件
7月30日(日曜日) 午前9時30分~午前11時00分 西部公民館 1件

団体を対象とした市民意見交換会の開催状況

【自治会対象】

開催日 自治会 アンケート回収数
6月13日(火曜日) 前原自治連合協議会 15件
7月1日(土曜日) 習志野台・西習志野地区自治会連合協議会 23件
7月1日(土曜日) 夏見地区連合自治会 20件
7月11日(火曜日) 塚田地区連合自治会 10件
7月15日(土曜日) 二和地区自治会連合会 30件
7月16日(日曜日) 高根・金杉地区自治会連合会 22件
7月16日(日曜日) 三咲地区連絡協議会 47件
7月19日(水曜日) 西船地区町会自治会連合会 13件
7月20日(木曜日) 薬円台地区町会自治会連絡協議会 22件
7月23日(日曜日) 新高根・芝山地区自治会連絡協議会 35件
7月23日(日曜日) 大穴地区町会自治会連合会 24件
7月30日(日曜日) 習志野台三街地区自治会 30件
8月4日(金曜日) 松が丘地区町会自治会連合会 35件
8月6日(日曜日) 坪井地区自治連合会 20件
8月13日(日曜日) 馬込町町会 67件
8月27日(日曜日) 本中山地区自治会町会連合会 20件
8月30日(水曜日) 浜町西町会 10件
9月3日(日曜日) 二宮・飯山満地区町会連合会 51件
9月5日(火曜日) 海神6丁目西町会 32件
9月10日(日曜日) イズミハイツ自治会 25件
9月10日(日曜日) 宮本自治会連合会 32件
9月14日(木曜日) 高根台地区自治会連絡協議会 14件
9月16日(土曜日) 高根木戸第一町会 31件
9月17日(日曜日) 夏見北部自治会 63件
9月21日(木曜日) 高根東ゆうゆう会 47件
9月24日(日曜日) 海神地区自治会連絡協議会 49件
9月24日(日曜日) 前原西8丁目町会 27件
10月15日(日曜日) 八木が谷地区自治会連絡協議会 27件
11月19日(日曜日) 小室第一・さざんか・中央・なのはな・ハイランド
B棟あおぞら・プラウドシーズン 計7町会・自治会
24件
11月29日(水曜日) 本町地区連合町会 27件

※法典地区自治会連合会については、馬込町町会として開催しました。
※湊町連合自治会については、浜町西町会として開催しました。
※三田習地区自治会連絡協議会については、全市民対象の意見交換会への参加としました。
※豊富地区連合町会については、開催を見送るとしています。

【団体対象(自治会除く)】

開催日 団体名 アンケート回収数
4月28日(金曜日) 消費生活モニター 40件
6月2日(金曜日) 中央生活学校 28件
7月4日(火曜日) 生涯学習コーディネーター連絡協議会 38件
7月19日(水曜日) 三咲生活学校 30件
7月28日(金曜日) 薬円台生活学校 40件
8月22日(火曜日) 坪井生活学校 31件
8月23日(水曜日) 七団地協議会 10件
9月2日(土曜日) 法典地区有価物連絡会 19件
10月11日(水曜日) はさまいきいき塾 29件

アンケート結果

 市民意見交換会にて「Ⅰ ごみ減量の取り組みについて」「Ⅱ ごみ減量及び資源化について」の内容でアンケートを実施しております。
 また、市政モニターアンケート及び消費生活に関する意識アンケートにおきましても、同様のアンケートを実施しております。

 市民意見交換会アンケート結果

開催状況及びアンケート結果(平成29年10月16日時点)

 アンケート結果(平成29年10月16日時点)を基に、市の施策を判断いたしました。
 当時点の開催状況等は以下のとおりです。

対象 実施回数 アンケート回収数
個人 5回 25件
自治会 28回 841件
団体 9回 265件
市政モニター 257件
消費生活モニター 579件
合計 42回 1,967件

 開催状況及びアンケート結果(平成29年10月16日時点)

市民意見交換会で頂いたご意見

 市民意見交換会で頂きましたご意見やご質問を紹介いたします。

 市民意見交換会でのご質問及びご意見まとめ

配布資料

市民意見交換会で配布した資料を掲載いたします。

01 循環型社会の実現に向けて(平成29年12月)
02 広報ふなばし 船橋市一般廃棄物処理基本計画特集号(平成29年5月27日発行)
03 ごみの減量及び資源化に向けた市民意見交換会 アンケート
04 雑がみで回収できる代表的なもの
05 雑がみで回収できない禁忌品の例

ファイルダウンロード

この記事についてのお問い合わせ

資源循環課

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:月曜日から金曜日の午前9時から午後5時まで(祝日・年末年始を除く) 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。