吉澤野球博物館寄贈記念野球史料展

更新日:平成28(2016)年4月1日(金曜日)

ページID:P043880

はじめに

 日本一の東京六大学野球史料を有する吉澤野球博物館(※1)の解散に伴い、所有する野球史料や美術品等の財産が平成27年11月20日(金曜日)、船橋市に寄附されました。
 これを記念して、平成28年5月4日(水・祝)から5月8日(日曜日)で、船橋市民ギャラリーにおいて、寄附された史料を中心に吉澤野球博物館寄贈記念野球史料展を開催します。
 また、期間中5月7日(土曜日)に中央公民館6階講堂において、本市のスポーツ総合展示企画等アドバイザーに就任した元プロ野球選手の江藤省三氏と、2度の首位打者に輝いた元プロ野球選手の谷沢健一氏による座談会を開催。東京六大学野球からプロ野球にいたるまで、お二人の野球人生を語っていただくほか、来場者の皆様からの質問にお答えしていただきます。

(※1)吉澤野球博物館
 船橋市本中山1-6-10に所在。戦前の東京六大学野球に関する史料等の収集や保存を目的に、吉澤善吉氏が昭和54年に私財を投じて開館。「一般財団法人吉澤野球博物館」が運営。多くの野球ファンに親しまれてきた。平成26年3月に閉館。

吉澤野球博物館寄贈記念野球史料展~明治から平成まで、野球の歴史が一堂に~

 平成28年5月4日(水曜日・祝日)~5月8日(日曜日) 
 午前10時~午後7時(最終日は午後4時まで)

場所

船橋市民ギャラリー

 〒273-0005 船橋市本町2-1-1 船橋スクエアビル21 3階

交通案内

JR船橋駅から徒歩約7分、または京成本線京成船橋駅から徒歩約5分

費用

入場:無料

元プロ野球選手の江藤省三氏・谷沢健一氏による座談会

 平成28年5月7日(土曜日) 午後2時~午後3時30分
 ※ 座談会は事前申し込みが必要です。

 第1部『私の野球人生』(予定)
 第2部『来場者からの質問コーナー』

<江藤 省三 氏>
 慶應義塾大学野球部に所属し、東京六大学リーグで3回優勝。昭和40年に読売ジャイアンツに入団、昭和44年に中日ドラゴンズに移籍。昭和51年の引退後は、プロ球団でコーチを歴任し、平成21年から慶應義塾大学野球部監督として3回リーグ優勝を飾った。船橋市野球協会少年学童部理事長の河崎六郎氏と小学校(熊本県)時代の友人である縁をきっかけに、船橋市では平成21年から「江藤省三杯」と銘打ち、少年学童野球大会が毎年開催されている。平成27年から、船橋市スポーツ総合展示企画等アドバイザー就任。

<谷沢 健一 氏>
 習志野市立習志野高等学校出身。早稲田大学野球部に所属し、東京六大学野球で活躍後、昭和44年、中日ドラゴンズにドラフト1位入団、新人王を獲得。昭和49年、首位打者を獲得し、リーグ優勝に大きく貢献した。昭和55年、大学時代からの持病であるアキレス腱痛を克服し、2度目の首位打者、カムバック賞を受賞。昭和60年には通算2000本安打を達成した。現在は、野球解説を務める傍ら、NPO法人「谷沢野球コミュニティ千葉」を立ち上げ、プロとアマチュアの距離を縮め、野球人口の裾野を広げる活動に尽力している。

申込み

 平成28年4月1日(金曜日) 午前9時より電話で教育委員会生涯学習部文化課に申込み

電話番号

 電話番号047-436-2894

定員

 150人
 ※ 申込みが定員に達した時点でお受付は終了します。

場所

中央公民館6階 講堂

 〒273-0005千葉県船橋市本町2-2-5(市民文化ホール)

交通案内

JR船橋駅から徒歩約7分、または京成本線京成船橋駅から徒歩約5分 公共交通機関をご利用ください。

費用

 参加:無料

ファイルダウンロード

-

地図

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会文化課

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。