瑞花双鳳五花鏡・梅花文鏡筥(残欠)

更新日:平成28(2016)年2月21日(日曜日)

ページID:P008884


瑞花双鳳五花鏡


梅花文鏡筥

「瑞花双鳳五花鏡」と「梅花文鏡筥」は、印内2丁目で行われた発掘調査で鏡を筥に収めた状態で出土しました。このように五花鏡とそれを収めた筥が一対で出土したことは、全国でもわずかに2例しかなく、たいへん貴重です。文様や制作技法の特徴から、どちらも12世紀前半(平安時代後期)につくられたと考えられます。
鏡筥の梅花文は、密陀絵(顔料と油を練り合わせて描く、一種の油絵)と考えられますが、漆工で11~12世紀代に密陀絵が使われた事例は他にほとんど知られておらず、たいへん注目されます。

前の文化財に

指定文化財の一覧にもどる

次の文化財に

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会文化課

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。