ブルセラ症の発生について

更新日:令和3(2021)年6月29日(火曜日)

ページID:P004800

  1. 平成20年8月、名古屋市において、動物取扱業者(犬の繁殖等を実施)がブルセラ症と診断され、当該施設の犬から感染が疑われる事例がありました。
  2. 今般、浦安市内の動物取扱業者(貸出し業、保管業、販売業、訓練業を実施)において、動物から人にもうつる「人獣共通感染症」のひとつ、イヌブルセラ症の犬への感染が発生しました。
    人の場合、通常の生活で感染することは稀ですが、感染した場合は発熱、悪感、倦怠感など風邪に似た症状を呈することがあります。
    つきましては、動物取扱業者の皆様においては、下記の事項等に注意し、本疾病が犬から人へ感染することのないよう、配慮をお願いします。

注意事項

  1. 犬及び犬を取扱う人の健康管理に努めましょう。
  2. 犬と接触した後は、石鹸などで手を洗いましょう。
  3. 特に、繁殖時などの犬の取扱いにあたっては、手袋、マスク等を用いるとともに、汚染物等の廃棄や消毒を徹底しましょう。

その他

~まちをきれいに~

犬は散歩のとき

  • トイレを自宅ですませてから散歩に出かけましょう。(しつけを行うことで、自宅でトイレができるようになります。しつけの方法は、動物愛護指導センターへお問い合わせ下さい。)
  • 必ずリードにつなぐ。
  • 道路を歩くときはリードを短く保つ。また、伸縮リード(フレキシブルリード)を長くしての散歩は、犬が轢かれたり他人に怪我をさせてしまうなどの事故の恐れがあるため、短くロックし、周囲に十分注意を払って使用する。
  • ふんの持ち帰り用具を持ち歩き、ふんをしてしまった場合は必ず持ち帰り、紙に包んで可燃ごみとして処理する。
  • おしっこは水で流す。さらに、マナーベルトを着用したり、ペットシーツに吸わせるなどの配慮をしましょう。

飼い猫は屋内飼養に努める

マナーを守って飼いましょう(船橋市動物愛護指導センター)

このページについてのご意見・お問い合わせ

動物愛護指導センター

〒273-0016千葉県船橋市潮見町32-2

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・年末年始(12月29日から1月3日まで)