寡婦(夫)控除のみなし適用について

更新日:令和元(2019)年9月20日(金曜日)

ページID:P063688

船橋市では、子育てや福祉などのサービスについて、婚姻歴のないひとり親についても税制上の寡婦(夫)控除等が適用されるものとみなし、利用料の減額等を行う制度「寡婦(夫)控除のみなし適用」を実施しています。

対象となる方

みなし適用の対象となるのは、各事業の対象となる方であって、所得を計算する対象となる年の12月31日及び申請日時点において、次の(1)~(3)の全てを満たす方です。
(1)婚姻歴のない方で、現在婚姻していない方
(2)生計を同じくする子(総所得金額等が38万円以下で、他の人の控除対象配偶者や扶養親族となっていない)がいる方
(3)父の場合は、合計所得金額が500万円以下の方

対象事業

保育料や児童手当をはじめとする子育てや福祉などのサービスが対象となります。実施する事業により要件が異なりますので、詳しくは下記一覧をご確認ください。
対象事業及び問い合わせ先一覧

みなし控除額

みなし適用による所得控除の額は、税法上の寡婦(夫)控除の額に準じます。
※実際の税額に控除が適用されるものではありません

区分 寡婦控除 特別寡婦控除 寡夫控除
合計所得金額 500万円以下 500万円以下
住民税 26万円 30万円 26万円
所得税 27万円 35万円 27万円

※住民税に基づき算定する事業においては、合計所得金額が125万円以下(給与収入のみで特定支出控除がない場合、給与収入で2,043,999円以下)の方は、非課税の扱いとなります。

申請方法

利用する事業の担当課窓口で申請してください。
また、申請に必要なものにつきましても、担当課窓口までお問い合わせください。

注意事項

各事業の定める要件に基づき判断するため、寡婦(夫)控除のみなし適用を実施しても、結果として利用者負担額等が変わらない場合があります。
虚偽の申請をした場合、寡婦(夫)控除のみなし適用を取り消し、寡婦(夫)控除のみなし適用によって生じた利用料の減額又は給付額の追加分を返還していただきます。
寡婦(夫)控除のみなし適用の実施後も毎年度申請が必要な場合がございます。なお、所得や世帯の状況に変更があった場合は、利用料の再計算等をします。

ファイルダウンロード

関連するその他の記事

この記事についてのお問い合わせ

児童家庭課 ひとり親家庭支援係

〒273-8501千葉県船橋市湊町2丁目10番25号

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。