新型コロナワクチン集団接種(小児接種) 最新情報

更新日:令和4(2022)年8月3日(水曜日)

ページID:P101700

船橋市からのお知らせ

・保健福祉センターで7月23日、7月30日、8月6日の各土曜日に実施する1回目接種の予約受付を7月8日(金曜日)から開始しました。
・船橋アリーナで7月17日、7月24日、7月31日の各日曜日に実施する1回目接種の予約受付を7月8日(金曜日)から開始しました。

  • 12歳以上を対象とするワクチン接種と同様、1回目の接種から3週の間隔を空けて2回目を接種します。
  • 予約に必要となる接種券は、5歳を迎える月の翌月上旬に発送します。

お問い合わせはコールセンターへ

注意喚起

小児接種の基本情報

接種の対象

 船橋市内に住民登録がある5~11歳の方

接種するワクチンと回数・間隔・対象年齢

ワクチン 接種回数 1回目と2回目の接種間隔 接種対象年齢
ファイザー社製の小児用ワクチン 2回 通常3週間 5~11歳

注意1回目に小児用のワクチンを接種し、2回目の接種日までの間に12歳の誕生日を迎えた場合、2回目も小児用のワクチンを接種します。(1回目と2回目は同じワクチンを接種します)

他のワクチンとの接種間隔

  • 原則、新型コロナウイルスワクチンとインフルエンザワクチンは同時に接種できますが、その他のワクチンは同時には接種できません。新型コロナウイルスワクチンとインフルエンザワクチン以外のワクチンは、互いに、片方のワクチンを受けてから2週間後に接種できます。

    例:10月1日に他のワクチンを接種した場合、新型コロナウイルスワクチンを接種できるのは、10月15日(2週間後の同じ曜日の日)以降になります。
    なお、創傷時の破傷風トキソイド等、緊急性を要するものに関しては、例外として2週間を空けずに接種することができます。
    ※接種間隔については、厚生労働省の見解により今後変更になる可能性があります。

ワクチンの有効性や安全性について

5歳から11歳のお子様と保護者の方へ説明書

  • 小児接種の必要性についての情報は、こちらをご覧ください。
  • 小児接種の副反応についての情報は、こちらをご覧ください。

新型コロナワクチンの説明文書の改訂について

6月10日の厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会における議論をふまえ、ファイザー社製(5歳~11歳用を含む)及びモデルナ社製の新型コロナワクチンの添付文書が改訂(※)され、同ワクチンの説明書の「副反応について」の項目に、以下の項目が追加されました。

  •  ごく稀ではあるものの、mRNAワクチン接種後にギラン・バレー症候群が報告されています。接種後、手足の力が入りにくい、しびれ等の症状が現れたら、速やかに医療機関を受診してください。

(※)ギラン・バレー症候群に関し、疾患とワクチンの因果関係は明らかでなく、海外でも注意喚起は行われていない状況ではあるものの、国内における副反応疑い事例の報告状況を勘案し、当該添付文書を改訂し、注意喚起を行うこととされました。

この他、ワクチン接種に関する情報は、厚生労働省のQ&Aをご参照ください。 (下のボタンをクリック)

厚生労働省QAへのリンク

集団接種の実施内容

集団接種実施会場・日程等

小児接種

予約受付開始日時

  • 保健福祉センター 7月23日以降の各土曜日実施分    令和4年7月8日(金曜日) 午前8時から
  • 船橋アリーナ   7月17日以降の各日曜日実施分    令和4年7月8日(金曜日) 午前8時から

予約方法

  • 市予約システムから予約
  • 市ワクチンコールセンターに電話して予約

予約システムへのリンクコールセンター電話番号

持ち物

  • 接種券
  • 予診票(記入してお持ちいただけるとご案内がスムーズにできます)
  • 本人確認書類 (健康保険証、マイナンバーカード等)
  • 母子健康手帳

保護者の同意及び同伴について

●16歳未満の方が接種を受ける場合は、保護者の同意が必要です。予診票の保護者自署欄に保護者が氏名をご記入ください。

●また、5歳から11歳の方が接種を受ける場合は、保護者の同伴が必要です。

予診票の記入例もあわせてご確認ください。

会場周辺図(画像をクリックすると拡大されます)

  • 保健福祉センター 船橋アリーナ
    集団接種用の駐車場のご用意はありません
    保健福祉センター地図
    アリーナ(駐車場)
    アリーナ(地図)
    北本町1-16-55 習志野台7-5-1

  • ファイルダウンロード

    関連するその他の記事