新型コロナウイルス感染症のPCR検査や抗原検査を受けた方・濃厚接触者の方

更新日:令和4(2022)年1月15日(土曜日)

ページID:P094893

目次

1.PCR検査・抗原検査を受けた方
 検査を受けた後の流れ
 「陽性」だった場合
 「陰性」だった場合
2.濃厚接触者の方

1.PCR検査・抗原検査を受けた方

結果が出るまでは感染しているか分かりません。公共交通機関の利用を避けて、ご自宅でお過ごしください。

検査を受けた後の流れ

検査を受けた後の流れ

検査結果:「陽性」だった場合

(1)保健所から連絡があります(保健所からの最初の連絡)

保健所からの連絡は、保健所が医療機関より届け出を受けてからになります。
(感染状況により、医療機関より届け出を受けた当日中に連絡できない場合があります)

表示される保健所の電話番号は、連絡ごとに番号が変わる場合や非通知設定となる場合がありますが、必ず応答をお願いします。
なお、応答がない場合は、安否確認のため、職員がご自宅に訪問させていただくことがあります。

症状等の聴き取り調査を行います
下記の項目にすぐに回答できるよう事前の準備にご協力をお願いします

項目

内容

氏名

漢字・読み方

性別・生年月日

住所

居住実態のある住所(住民票の有無問わず)

現在(数日間)の症状

○○日から○○度の発熱(または咳・味覚症状・倦怠感)
○○日から息苦しさがある、胸が痛い  など

持病の有無

糖尿病、呼吸器疾患(喘息・COPDなど)、腎疾患、心疾患、血液疾患、悪性腫瘍、アレルギー  など

家族の構成・同居人の有無

父、母、弟と同居 や 友人と同居 など

職業(学校)

会社員、アルバイト、学生などの属性や職場名や学校名

行動歴(おおよそ14日間)

友人や同僚など飲食、旅行などの有無やその状況
飲食、旅行を共にした人の氏名など

感染者との接触歴

感染者と飲食を共にしたことがあるなど、接触時の状況

(2)療養場所が決まります

保健所医師の判断のもとに療養の方針を決めています。症状や重症度、基礎疾患の有無等に応じて、入院、宿泊療養、自宅療養のいずれかの方法をご案内します。

なお、新型コロナウイルス感染症の重症度の分類において、呼吸器症状(肺炎・息苦しさ)があらわれていない場合には、39度前後の高熱があっても「軽症」と診断されます。

自宅療養

療養期間中、保健所が健康状態の確認をします。自宅療養についてはこちらをご覧ください。

宿泊療養

宿泊療養施設には、保健所の管理の下、保健師又は看護師及び運営スタッフが常駐しています。また、医師が24時間オンコールで対応する体制を整備しています。宿泊療養についてはこちらをご覧ください。

入院

保健所が指定した医療機関で入院治療を受けていただきます。

検査結果:「陰性」だった場合

引き続きマスクの着用や、手洗い・手指消毒などの励行に努めるなどして、感染予防に気をつけながら、これまで通りの生活を送っていただいて構いません。
熱や咳などの症状がある方は、症状が軽快するまでは外出を控え、人と会うことを控えてください。症状が悪化した場合は、かかりつけ医に電話で相談し指示を受けてください。

新型コロナウイルスに感染した方の濃厚接触者として検査を受けた方

感染者の濃厚接触者として検査を受けた方は、検査結果が「陰性」の場合でも、感染者と接触した日から数えて10日間の健康観察と外出自粛をお願いします。
これは、新型コロナウイルスの潜伏期間が最大10日間であるためです。

濃厚接触者とは

患者の感染可能期間内(発症日の2日前から、診断後に隔離などをされるまでの期間)に、接触した者のうち、次の範囲に該当する人とされています。

  1. 患者と同居、あるいは長期間の接触(車内、航空機など)があった人
  2. 適切な感染防護なしに患者を診察、看護もしくは介護した人
  3. 患者の気道分泌液もしくは体液等の汚染物質に直接触れた可能性が高い人
  4. その他、手で触れることのできる距離(目安として1メートル)で、必要な感染予防等(マスクなど)なしで15分以上接触があった人(周囲の環境や接触の状況等個々の状況から患者の可能性を総合的に判断する)

(国立感染研究所「積極的疫学調査実施要領」より)

ご自身が濃厚接触者ではないかと疑われる場合は、船橋市新型コロナウイルス感染症相談センター(047-409-3127)へお電話ください。

2.濃厚接触者の方

「濃厚接触者」の健康観察期間は感染者との最終接触日を0日目として翌日から10日間となり、「濃厚接触者」となった日から健康観察終了日までは自宅待機期間となります。
感染者が自宅療養となり、適切な隔離対策を実施し、適切に隔離できていると認められる場合は、その日から濃厚接触者の健康観察期間が開始されます。

【適切な隔離対策の具体例】
・部屋の隔離
・感染者及び濃厚接触者のマスク着用
・部屋の換気
・共用部分の消毒

≪その他の注意点≫
・健康観察期間中にPCR検査または抗原検査を受け「陰性」となった場合でも、期間(10日間)に変更はありません。
・感染者と隔離を開始した後に再度接触があった場合、健康観察期間は再度接触があった日を0日目として翌日から10日間に変更されます。

健康観察期間中の過ごし方

  • 外出はできる限り控えてください。やむを得ない場合はマスクを着用し短時間で済ませるようお願いします。
  • ご自身で健康状態の確認(1日2回の検温や他症状の有無)を毎日行ってください。
  • 咳や発熱などの症状が出て受診を希望する場合、かかりつけ医に「濃厚接触者であること」を必ずお伝えください。
  • 事前に連絡せず医療機関を受診するのはお控え頂くようお願いします。
  • かかりつけ医がない場合は、船橋市新型コロナウイルス感染症相談センター(047‐409-3127)へご連絡ください。
    ※非常に体調が悪い場合は、#7009(救急安心電話相談)への相談や119番で救急車を要請してください。 

関連するその他の記事

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。