新型コロナウイルスワクチン保管温度逸脱による廃棄事案の発生について

更新日:令和3(2021)年6月22日(火曜日)

ページID:P093228

市が新型コロナウイルスワクチンを供給した市内医療機関(施設等への巡回接種実施医療機関、サテライト型接種施設)において、未使用の新型コロナウイルスワクチン29バイアルを廃棄する事案が発生しました。

市では再発防止を図るため、サテライト型接種施設におけるワクチンは必ず冷蔵保管を行うよう、本日付けで各医療機関に対して改めて通知しました。

経緯

6月7日午前

市が委託する配送業者より当該医療機関にワクチンを配送。通常、冷蔵保存を行うべきところを冷凍保存し、ワクチンが再凍結される

6月8日10時~

住宅型有料老人ホーム(市外)の入居者12人(うち船橋市民1人)に対し、1回目の接種として再凍結したワクチンを接種

6月8日11時

当該医療機関より市保健所に事故報告。再凍結したワクチンのうち、未使用の29バイアル(174回分)の廃棄を指示

健康被害と今後の対応

再凍結したワクチンを接種した12人の健康被害の報告はありません。今後、当該医療機関において2回目の接種を行った後に抗体検査を実施し、陰性だった場合には1回目を無効とし、3回目を2回目として接種を実施していく予定です。

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




有料広告欄 広告について
  • 株式会社リンクス・ビルド
  • バナー
  • バナー