ワクチン接種Q&A

更新日:令和3(2021)年6月17日(木曜日)

ページID:P092397

ワクチン接種に関するよくあるご質問と回答をまとめました。

Q:ワクチン接種は強制ですか。

A:強制ではありません。情報提供した上で、接種を受ける人の同意がある場合に限り、接種を行います。
予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただいています。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

Q:なぜ2回接種するのですか。

A:1回の接種では十分な効果が得られない可能性があるため、2回の接種が必要となっています。
※ファイザー社のワクチンでは、通常、1回目の接種から3週間後に2回目の接種を受けます。1回目から3週間を超えた場合には、できるだけ早く2回目の接種を受けてください。

Q:接種の対象にならない人はいますか。

A:・現在薬事承認されている、ファイザー社の新型コロナワクチンについては、12歳以上が薬事承認の対象となっています。また、予防接種法に基づく公費での接種の対象は12歳以上の方です。このため、12歳に満たない方は、ワクチンの接種の対象にはなりません。

・投薬・治療中の人、アレルギーをお持ちの人等は、主治医にご確認ください。(各ワクチンの成分は、厚生労働省HP「ファイザー社の新型コロナワクチンについて(外部リンク)」を確認いただくか、開発企業のコールセンターでご確認ください。)

・既にコロナウイルスに感染した人も、接種の対象とされていますが、受けた治療の内容によっては、治療後から接種まで一定の期間をおく必要がある場合がありますので、主治医にご確認ください。

・妊娠又は妊娠している可能性のある方は安全性に関するデータが限られていることから、接種のメリットとデメリットをよく検討して接種を判断していただくこととしています。

・授乳中の方は、現時点で特段の懸念が認められているわけではなく、海外でも接種の対象とされていますが、お悩みの方は主治医とご相談ください。

Q:接種の予約をしたいのですが、どこに連絡すればよいですか。

A:まずはかかりつけ医に相談してください。医療機関によっては、かかりつけ患者のみの接種に対応している場合がございます。そのため、接種券に同封されている「新型コロナウイルスワクチン接種実施医療機関一覧」に、かかりつけ医が掲載されていなくとも対応できる場合がございます。

Q:かかりつけ医がなく、市が送付した「新型コロナウイルスワクチン接種実施医療機関一覧」を見て連絡しているが、なかなか予約が取れない。

A:コールセンターで、予約状況に空きがある医療機関をご案内しております。ご案内できる医療機関は、お住いのお近くでない場合もございますので、ご了承ください。厚生労働省の接種総合窓口「コロナワクチンナビ」も併せてご利用ください。

Q:かかりつけ医以外でワクチン接種する場合は、かかりつけ医の同意が必要ですか。

A:予診票に「病気を診てもらっている医師に今日の予防接種を受けてよいといわれましたか」という、質問項目があります。かかっている病気によっては、接種を慎重に検討した方がよい場合がありますので、事前にかかりつけ医とご相談ください(口頭で可能)。

 また、ワクチン接種前に、「ワクチン接種の当日の流れ」をご確認ください。

Q:接種券を紛失してしまった。接種券がなくてもワクチン接種できますか。

A:接種券がないとワクチン接種できません。コールセンターで再発行の手続きをお願いします。

Q:接種すると副反応があると聞いたが、どんな症状ですか。

A:注射した部位の腫れや痛み、発熱、倦怠感、頭痛などの副反応が起こることがありますが、通常数日以内でよくなります。

ワクチン接種前に、「ワクチン接種副反応」をご確認ください。

その他、ご不明な点があれば

  • 船橋市新型コロナウイルスワクチン接種・相談特設コールセンター

 電話番号:050-5526-1142
 お問い合わせの際に、電話番号のおかけ間違いが増えております。電話番号をよくお確かめのうえ、おかけ間違えのないようお願いいたします!!
 対応時間:8:00から17:00(平日・土日祝日を含む) 

 現在、電話が混み合っており、つながりづらくなっています。一度かけてつながらない場合には、時間を空けておかけ直しいただくようお願いします。

  • そのほかワクチン接種について、厚生労働省のQ&Aもご確認ください。

 新型コロナウイルスワクチンの接種に関する厚生労働省のQ&A(外部リンク)

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。