30年度の国民健康保険料ついて

更新日:平成30(2018)年4月1日(日曜日)

ページID:P060382

30年度から国民健康保険料均等割額を1,500円引き上げます

 船橋市では被保険者の方の負担軽減のため、一般会計から繰り入れをして7年間保険料を据え置いてきました。しかし、制度変更に伴い、県運営方針で保険者の政策的な保険料の負担緩和などを目的とした一般会計の繰り入れは、計画的に削減・解消すべきとされたことなど、負担の公平性の観点から保険料を見直し、平成30年度は均等割額を年間1,500円引き上げます。

保険料の内訳と算出方法

<変更前>

所得割額 均等割額
医療分 賦課基準額×6.5% 24,360円/年
後期高齢者支援金分     賦課基準額×2.63% 7,090円/年
介護分 賦課基準額×1.2% 9,610円/年

矢印

<変更後>

所得割額 均等割額
医療分 変更なし    変更なし
後期高齢者支援金分     変更なし    8,590円/年
介護分 変更なし    変更なし

保険料額の決定について

 千葉県は県内の医療費を推計し、その保険給付費に充てるための国保事業費納付金の額を決定し、各市町村へ通知するとともに、市町村ごとの標準保険料率を算定・公表します。

 市町村は、千葉県から示された国保事業費納付金を納めるため、都道府県から示された標準保険料率を参考に、それぞれの保険料算定方式や予定収納率に基づき、それぞれの保険料率を定めることとなります。

 船橋市においても、この標準保険料率を参考にしながら、適正な保険料額の設定に努めてまいります。

この記事についてのお問い合わせ

国保年金課 保険料係

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。