【事業所の皆様へ】職場内での新型コロナウイルスの感染拡大に注意!

更新日:令和3(2021)年6月4日(金曜日)

ページID:P092421

職場の外から持ち込まない!職場の中から拡げない!

5月以降、同一事業所において複数の感染者が発生する事例が市内で多く確認されています。
特に、職場以外での従業員の行動が原因で職場内にウイルスを持ち込んでしまう場合が多いことから、一人ひとりが感染対策を徹底することや、万が一職場内で感染者が出てしまった場合に、感染の恐れのある人を早期に見つけるために、事業所として日頃から従業員等の健康チェックの徹底をお願いします。
事業所および従業員一人ひとりの基本的な対策の徹底が感染予防につながりますのでご協力をお願いします。

(1)事業所として行う対策

・出勤時等の健康チェックの徹底。
※出勤時等の体温や症状の有無、症状の内容をチェックする。また、チェックの管理者を設置する。
 健康チェック表の見本はこちら
・体調不良の従業員を出勤させない。(従業員等に我慢させない。)
・すべての従業員に対する感染対策の周知徹底。
※内閣官房では在留外国人の方向けにイベントや会食における留意点をまとめたチラシを作成しています。外国人の従業員の方への周知にご活用ください。
 内閣官房 新型コロナウイルス感染症対策 感染の再拡大防止特設サイト

(2)従業員一人ひとりが行う対策

・マスク無しの会話はしない、手洗い・消毒、3密の回避など基本的な感染対策を徹底する。
・体調不良時は出勤を含め外出をしない。
・職場以外でも感染の可能性を高める行動をとらない。

特にマスクなしの会話は感染の可能性を高める危険な行動です!

(1)職場内におけるマスク無しの会話の危険性がある場面

・休憩中、喫煙中、歯磨きの際などにマスク無しの会話をしない。
・昼食中にマスク無しの会話をしない。(従業員同士での飲食の際は黙食をお願いします。)
・更衣室、休憩室などの利用時にマスク無しの会話をしない。

(2)職場外におけるマスク無しの会話の危険性がある場面

・職場へ向かう送迎バス等の中でマスク無しの会話をしない。
・仕事帰りなどの飲食時にマスク無しの会話をしない。
・休日のバーベキューやホームパーティーなどの際にマスク無しの会話をしない。
・従業員の寮など共同生活をしている場合には共有スペースでもマスク無しの会話をしない。

家庭内感染にも注意!

職場内だけでなく、家庭内へウイルスを持ち込まないよう注意してください。
特に家庭内に高齢者や妊婦がいる従業員本人やその周りの人は、感染可能性を高めないために、より一層慎重な行動をお願いします。
万が一感染の可能性を高める行動をとってしまったときは、食卓や寝室を分けるなど家庭内での隔離や家庭内でもマスクを着用するなどの対策を取ってください。

ファイルダウンロード

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。