高齢者施設等の従事者に対する検査について

更新日:令和4(2022)年11月29日(火曜日)

ページID:P090763

 高齢者施設等の従事者に対する検査について 、令和4年10月以降は、2週間に1回程度の頻度で実施してまいりましたが、『高齢者施設等の従事者等に対する検査の実施の更なる推進について』(令和4年9月9日付厚生労働省新型コロナウイルス感染症対策推進本部事務連絡)にて 入所系・通所系・訪問系の高齢者施設等を対象とすること、抗原定性検査キットを積極的に活用し、より頻回な検査の実施等が示されました。
 当該事務連絡を踏まえ、感染状況が拡大傾向にあることから、12月から当面の間、検査方法を抗原定性検査に切り替え、週2~3回の頻度で検査を実施することといたします。
 なお、今回より対象施設に訪問系の事業所を追加いたします。

対象施設

高齢者施設(入所系サービス) 200施設 対象者約7,000人
 介護老人福祉施設、介護老人保健施設、特定施設入居者生活介護
 地域密着型特定施設入居者生活介護、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
 認知症対応型共同生活介護、住宅型有料老人ホーム(サービス付高齢者住宅含む)
 養護老人ホーム、軽費老人ホーム、短期入所生活介護(単独事業所)

高齢者施設(通所系サービス) 197施設 対象者約3,400人
 通所介護、通所リハビリテーション、地域密着型通所介護、認知症対応型通所介護
 小規模多機能型居宅介護、看護小規模多機能型居宅介護

高齢者施設(訪問系サービス) 388施設 対象者約3,900人
 居宅介護支援、介護予防支援、定期巡回・随時対応型訪問介護看護、訪問リハビリテーション
 訪問介護、訪問看護、訪問入浴介護

障害者施設(入所系サービス) 69施設 対象者約1,200人
 障害者支援施設、共同生活援助、短期入所

障害者施設(通所系サービス) 154施設 対象者約1,400人
 生活介護、就労継続支援、就労移行支援、就労定着支援、自立生活援助、 生活訓練
 日中一時支援事業所、地域活動支援センター、福祉作業所

障害者施設(訪問系サービス) 121施設 対象者約1,600人
 居宅介護、重度訪問介護、行動援護、同行援護
 計画相談支援、地域移行支援、地域定着支援

費用負担

無料(施設・個人の費用負担はありません)

検査方法

抗原定性検査とし、 週2~3回の頻度で実施予定(令和4年12月以降)。
各施設へ抗原定性検査キットを配付し、各施設の管理において検査を実施する。

検査の流れ

(1)施設がWeb上のフォームから抗原定性検査キットの申込
(2)施設への抗原定性検査キット配付後は管理者等が責任をもって管理し、事前に検査を受ける従事者に個別配付
(3)配付を受けた従事者は、感染拡大防止の観点から、施設ではなく自宅に持ち帰り、出勤前等に検査を実施
(4)検査結果「陽性」を確認した場合は、必要に応じて保健所による施設疫学調査を実施

高齢者施設等で新型コロナウイルス感染症の陽性者が発生した場合

  1. 高齢者施設等で陽性と判定された場合の感染症発生連絡票等の提出について
    「対応の流れ(フロー図)」に沿ってご対応いただきます。高齢者福祉施設等で新型コロナウイルス感染症が疑われる場合・陽性と判定された場合の感染症発生連絡票等の提出について(船橋市ホームページ)
  2. 高齢者施設等への応援職員派遣
    職員不足が見込まれる等の場合、千葉県より施設等へ応援職員派遣があります。高齢者施設等への応援職員の派遣について|介護サービス事業者の方へ(千葉県ホームページ)

このページについてのご意見・お問い合わせ

新型コロナウイルス感染症対策保健所本部 社会対応班

受付時間:午前9時~午後5時 休業日:土・日・祝休日・12月29日~1月3日

有料広告欄 広告について
  • 株式会社リンクス・ビルド
  • バナー
  • バナー