ノロウイルスによる食中毒を予防しましょう

更新日:平成28(2016)年3月2日(水曜日)

ページID:P034213

冬の食中毒にご注意~ノロウイルスについて~

毎年、11月頃からノロウイルスによる食中毒の件数が増加しています。
ノロウイルスは、ウイルスに汚染された食品や手指を介して感染し、吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、軽度な発熱などの症状を引き起こします。

予防のポイントは「手洗い」と「消毒」です。
調理、食事の前やトイレの後などの丁寧な手洗いを習慣にしましょう。
二枚貝や加熱が必要な食品は、中心部までしっかりと加熱することも、ノロウイルス食中毒の予防に効果があります。

調理器具を消毒する際には、加熱または次亜塩素酸ナトリウム(塩素系漂白剤など)を使用してください。エタノールはノロウイルスにあまり効果がありません。使用の方法は製品の説明書きに従いましょう。

また、ウイルスに感染した食品取扱い者を介して感染するケースが増加傾向にあります。
日頃の健康管理に注意し、下痢や嘔吐などの症状のある方は、盛付、配膳を含め、食品を直接取り扱う作業をしないようにしましょう。

予防法や、感染の恐れがある場合の対処方法についての詳しい情報は、以下のウェブサイトをご覧ください。

  ノロウイルスによる食中毒に気をつけましょう(農林水産省HPへリンクします)

  ノロウイルスに関するQ&A、リーフレット、関連通知等(厚生労働省HPへリンクします)

  ノロウイルス食中毒について(食品安全委員会HPへリンクします)

市民の皆様へ ~ノロウイルスによる食中毒に気をつけましょう!!~

予防のポイント

  • 二枚貝(カキ、ハマグリ、シジミ等)を食べる際は、中心部85℃~90℃で90秒以上加熱して食べることが大切です。
  • 野菜などの生鮮食品は十分に洗浄してください。
  • 食品を取り扱う際は、手指を石鹸でよく洗浄してください。
  • 調理器具等は洗剤などを使用して十分に洗浄したあと、次亜塩素酸ナトリウム( 塩素濃度200ppm)で浸すように拭くか、あるいは煮沸消毒が有効です。

関連するその他の記事

この記事についてのお問い合わせ

保健所衛生指導課 食品指導係

〒273-8506千葉県船橋市北本町1-16-55

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。