雇用促進奨励金

更新日:令和2(2020)年5月8日(金曜日)

ページID:P009801

市内に住む高年齢者や障害者の雇用を推進するために、事業者向け奨励金を交付しています。

お知らせ

 令和元年・2年度を集中取組期間とした行財政改革の中で本事業について見直しを行いました。現在、高齢者・障害者等の多様な人材を労働力として活用する必要性が高まっていること、また利用者アンケートや事業者向けアンケートの結果を踏まえ、当該奨励金の必要性について検証した結果、令和2年4月1日付けで本奨励金制度を廃止することといたしました。
 令和2年度については、経過期間として平成31年4月1日から令和2年3月31日までに新たに雇用された方を対象とした奨励金を交付いたします。この期間中に対象者を雇用された場合、下記の交付の要件等をご確認いただき申請をお願いいたします。

交付の要件

  1. 市内事業所の事業主であること。
  2. 公共職業安定所の紹介により、市内在住の高年齢者(55歳~)または障害者1年以上継続して雇用していること。
  3. 労働者が雇用保険に加入していること(※平成29年1月1日以降、65歳以上の高年齢者も雇用保険適用対象になりましたのでご注意ください。)

※新型コロナウイルス感染症の影響への対応として、当分の間、市税の滞納の有無については申請要件として取扱わないこととなりました。なお、取扱いに変更が生じた際は、市ホームページ等でお知らせします。

交付金額

対象の労働者一人につき186,000円

申請書類 

  1. 提出書類確認票
  2. 船橋市雇用促進奨励金交付申請書(第1号様式)
  3. 船橋市雇用促進奨励金請求書(第3号様式)
  4. 市内事業所確認同意書 (様式B)
  5. 市内居住確認同意書(様式A)
  6. 給与台帳・給与明細等の写し ※雇用月の翌月から12か月分
  7. 雇用保険被保険者証の写し  ※雇用保険に加入出来ない場合は、契約書等、週に20時間以上の労働を行うことがわかる書類
  8. 雇用契約書の写し  ※雇用した月の翌月から12か月以上雇用され、引き続き雇用されることがわかる書類
  9. 公共職業安定所の紹介状の写し
  10.  障害者手帳の写し又は障害を証明できる書類(医師の診断書等) ※障害者を雇用した場合のみ

※1・2・3・4・5についてはページ下部からダウンロードできます 。

注意事項


注1)市内事業所確認同意書及び船橋市居住確認同意書は、同意いただけない場合は指定の書類を提出していただきます。指定の書類についてはページ下部の「確認同意書について」及び各確認同意書をご確認ください。
注2)公共職業安定所の発行した紹介状を紛失した事業所は、公共職業安定所で紹介証明書の交付を受け、添付して下さい。紹介証明書の申請用紙はページ下部からダウンロードできます。

申請期間

高年齢者または障害者を雇用した月の翌月から12か月経過し、その経過した日から起算して30日以内に申請してください。
例)令和2年3月に雇用した場合、令和3年4月1日~4月30日までに申請

各種書類様式

提出書類

⑴提出書類確認票(H30.4.1以降)(PDF形式 168キロバイト)
⑵第1号様式 雇用促進奨励金交付申請書(H30.4~)(ワード形式 29キロバイト)
⑵第1号様式 雇用促進奨励金交付申請書(H30.4~)(PDF形式 52キロバイト)
⑶第3号様式 雇用促進奨励金請求書(H30.4~)(ワード形式 26キロバイト)
⑶第3号様式 雇用促進奨励金請求書(H30.4~)(PDF形式 46キロバイト)
⑷市内事業所確認同意書(H30.4雇用以降)(ワード形式 27キロバイト)
船橋市居住確認同意書(H30.4雇用以降)(ワード形式 22キロバイト)
(9)職安紹介証明願い(PDF形式 83キロバイト)

記入例

記入例申請書(R1.5~)(PDF形式 128キロバイト)

記入例同意書(R1.5~)(PDF形式 161キロバイト)

記入例請求書(R1.5~)(PDF形式 117キロバイト)

この記事についてのお問い合わせ

商工振興課 経営労政係

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。

有料広告欄 広告について
  • バナー広告募集中
  • バナー
  • バナー