農業者年金

更新日:平成23(2011)年3月1日(火曜日)

ページID:P001319

農業者年金制度は平成14年1月1日から新しい制度に変わりました。

新しい制度の主なメリット

  1. 自分の年金原資を自分で積み立てる、積立方式の確定拠出型年金です。加入者や受給者の数に左右されません。
  2. 国民年金第1号被保険者で、年間60日以上農業に従事する60歳未満の人なら誰でも加入できます。
  3. 保険料は月額2万円から6万7,000円まで1,000円単位で自由に選択でき、いつでも保険料の見直しができます。
  4. 80歳までの保証が付いた終身年金です。
  5. 保険料は全額が社会保険料控除の対象になり、年金は公的年金等控除の対象となります。
  6. 認定農業者・青色申告者等一定の要件を満たす意欲ある担い手に対しては、国から保険料の補助(2割~5割)があります。

これから加入しようとお考えの方は

農業者年金の詳細や加入の申し込みにつきましては、農業委員会またはお近くのJAにお問い合わせください。職員が戸別に訪問してご説明いたします。
また、農業者年金基金のホームページに詳しい情報が掲載されていますので、ぜひご覧ください。

加入している方は

住所の変更や、受給権者がお亡くなりになった場合などは手続きが必要になります。最寄りのJAに連絡し、添付書類を確認の上、手続きをお願いたします。

現況届をご提出ください

現況届は、年金受給者の方が生存しているかどうか、また、経営移譲年金・特例付加年金の受給者の方にあっては農業経営の再開や農地等の返還がなされていないかどうかを確認するものです。
用紙は毎年5月下旬頃に農業者年金基金より各受給権者の方へ送付されます。必要事項を記入・署名のうえ、6月30日までに農業委員会に提出して下さいますようお願いします。
現況届の提出がないと年金の支払いが差止めとなりますのでご注意下さい。

関連するその他の記事

この記事についてのお問い合わせ

農業委員会事務局 総務係

〒273-8501千葉県船橋市湊町2-10-25

受付時間:午前9時から午後5時まで 休業日:土曜日・日曜日・祝休日・12月29日から1月3日

アンケートにご協力ください

ウェブサイトの品質向上のため、このページのご感想をお聞かせください。




より詳しくご感想をいただける場合は、メールフォームからお送りください。